浅井宏輔さん非公式ファンサイト

ファンの「あったらいいな」を形にした小説サイト|99.7

『橘右近』は十人十色のイメージでありたい

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
web小説家。役者スキルを使って男女の恋愛意識の違いを文章で表現。楽しい世の中になるように男性を理解し、小説でそのカッコよさをアピールします。スーツアクターの浅井宏輔さんが好き過ぎてヤバい。 ●note⇒https://note.mu/ucon_tachibana

このnoteでは、私は一切ふざけていない。

しかし、少し前までよく利用していたfacebookでは、私のイメージと言えば
・明るい
・元気
・正直者
・下ネタ女子
・うんこさん(おもろい人)
だった。

すごくしっかりとした自分の意見をもっていて真面目にも語れるくせに、なぜ下ネタばかり話すのか?と不思議がられたこともあった。
明るすぎる反面、抱えている闇が深いのでは?と思われることもあった。

これも私。全部、私の一部だ。

子供の頃からそうだが、私は学校などある固定された空間で自分のイメージや知名度が確立されたと思うと、どこか違うところ──誰も私を知らないところへ行き、次はどういう自分になれるかを試す癖がある。
目立ちたがり屋という部分は変わらないが。

少し話は違うが、私は生まれてから一日として自分の父親と暮らしたことがない。
俗にいう離婚である。

寂しいと思ったことも、悲しいと思ったこともないが(父よ、すまぬ)、一時期父親に私と母を捨てたことを後悔させてやろうかと思ったことはある。
超有名人になって「あなたがいなかったから私はこんな風になれたんだよ」と言ってやりたかった。

けれど、ごくたまにしか思い出さない人を相手にするのは時間の無駄だし、父親も私のことを思い返すことなんてほとんどないだろうと思い、そんなことを考えるのはやめた。
父親よりも私を大事に思う人たちに応えた方が何千倍も健康的だ。

しかし、この見返してやろうというハングリー精神を幼少期から鍛え上げてきたため、なかなかやめることはできない。

そこで思った。
色んな私がいてもいいのではないかと。

noteではまだまだふざけていないが、その内ふざけだすかもしれない。
ブロガーとして2年ほど活動して来た私。
ここはなんというか何も考えずに気持ちをさらけ出す場所にしたい。
facebookやTwitterでは、ビジネス(収入につながること)を考えすぎて正直疲れてしまった。
アクセス数や「いいね」をもらうことに躍起になり、「読まれそうなこと」を書いたりした。
嘘は書かなかったが、なんとなく自分の気持ちを裏切っている気がした。

恋愛相談なんて本当はしたくないのに、『稼げる』ということで自分の世界観を打ち出したりしていた。
私は役者もしているので、男心というものがそこら辺の女性よりも理解できる。
そして、男性は女性に理解されたい・受け入れてもらいたいという事実を知っている。
なもんで、男性をフォローする記事をブログに書き続けたこともあった。当然読まれる。
しかし、私と仲のいい女性以外には嫌われる。
本人と話し合わなければ解決しない恋愛相談をもちかけられる。
相談はあくまでも推測だし、女性にとってのそれは自分の頭の中を整理するためかあるいは気持ちを確認するためにしか使われない。

疲れてしまった。

だからfacebookやTwitterはやめた。
ブログと相性がいいことも、利用しなければアクセスが伸びないこともわかっているが、心が追いつかなくなった。

そして、本当にやりたかった小説を書き始めた。売れなくてもいいからやりたいと思った。
いや、売れれば嬉しいが、それよりも書きたい気持ちの方が勝っていた。
最初、私の小説を読んでくれた友達は「本当に右近ちゃんが書いたの?」と言うくらいギャップがあった。
本当にfacebookでは全力でふざけていたのだ。

下ネタを話すのもふざけるのも楽しい。
真面目に人生観を語るのも楽しい。

けれど、明るく元気に下ネタを話す橘右近は、facebook上ではあまり真面目にしてはいけないのだ。
SNSなんて色んな自分を出して、それに合う人間関係を作ればいいのだけど、ある側面だけを強く出しすぎてしまうと偏ってしまうことを学んだ。

noteはそこら辺のジャンル分けがかなりしやすく、クリエイター向けのSNSだと思う。

・小説を書く人
・イラストを描く人
・鼻唄を歌う人
・親子関係をクソ真面目に語る人
・何だかよくわからない人

今はまだこんなところかもしれないけれど、私のnoteを読んでくれた人が色んな『橘右近』を思い描いてくれるような、そんなクリエイターに私はなりたい。

橘右近をフォローする

 

この記事を書いている人 - WRITER -
web小説家。役者スキルを使って男女の恋愛意識の違いを文章で表現。楽しい世の中になるように男性を理解し、小説でそのカッコよさをアピールします。スーツアクターの浅井宏輔さんが好き過ぎてヤバい。 ●note⇒https://note.mu/ucon_tachibana




スポンサーリンク






- Comments -

Copyright© ライジング橘のスーツアクターは最高だ , 2018 All Rights Reserved.