あなたは「題」と聞いて、何を連想しますか?ブログタイトルを決めるまでの軌跡

広告

皆さんは「題」と聞いて何を思い浮かべますか?

 宿題、お題、題名、課題……など、題と付くものは色々ありますよね。橘は題=タイトルでした(笑)

ちなみに「題」の意味をgoo辞書で調べたらこんな感じ↓

[名]
  1. 書物、または文章・芸術作品などの趣旨・内容を簡潔に、総括的に示す見出しの語句。標題。タイトル。「―をつける」
  2. 詩歌などに詠み込む事柄。「秋の風物を―に歌を詠む」
  3. 解答を求めて出す質問。問題。

[接尾]助数詞。試験などの問題を数えるのに用いる。「五―できた」

ふむふむ。では、橘の「題=タイトル」は意味をそのまま思いついたってことですな。

そう、この題=タイトル。ブログを作る際に私の前に立ちはだかった、一番の問題だったのです。

 

 

ブログのタイトルって大事よね

橘がブログを作りたくなったきっかけは、ブログマーケッターのJUNICHIさんのサイトを訪れたことです^^

最初はペンタブが欲しくて検索していたらJUNICHIさんのブログに出会い、そのまま他の記事を読み進めていく内にうずうずと創作魂が刺激され、ブログを作りたい!たまらん!状態になったんです(笑)

そこで、「ブログ初心者がこれだけは守らないといけない13個の約束」という記事を参考に、サイトのタイトルを考え始めました。

そんなにコロコロと変えていいものでもないし、なるべく他のサイトとかぶらなくて、かつ内容も表現できるもの……うーんうーん。と考えること二日間。

まず橘のブログの内容は「乙女ゲームを作り、その制作過程を公開すること」だ。それに加えて自分の名前を入れると、他のサイトとかぶりにくいか……。
しかーし!内容を表現しつつ自分の名前を入れると長い!
内容ももしかしたら変わっていくかもしれないし……と、最初は名前のみの“右近’sブログ”に決定。

サイトロゴなども作ったし、これで準備完了!だね!

 

 

だけどしっくりこない!はい。ここにきてまさかの変更です。

やっぱり、昔から気に入っていた馴染み深いブログ名がいい!

今は閉鎖していますが、橘は「Len*Ren」というホームページを10年近く管理していました。

「ドリーム小説」というヒーローやヒロインの名前が変換できる恋愛小説を中心に、イラストも公開していたんですが、そのサイトはもう一人、橘の心の友の作品も載せていました。
橘が作ってるけど、二人で盛り上げていくサイトなので、サイト名も二人の名前をもじりたい……と考え決まったのが「Len*Ren」(レンレンと読みます)

その由来を少し^^

ホームページを公開する前から、橘は「鴻月玲(こうづき れい)」というペンネームを使っていました。ローマ字表記で「Rei」
そして相方ちゃんのペンネームは、橘と同じ「ら行」だけど、ローマ字表記すると「L」から始まっているんです。

勘のいい方は気付いたかしらん?ドキドキ
おやおやLR左右じゃん!

左右といえば、「右近の橘、左近の桜

橘右近と桜左近で、はい決定!!←でもこんなノリ
サイト名はそこから

Right(Rei)の書くelectronic電子のnovel小説、
Left(L~)の書くelectronic電子のnovel小説

で、サイト名「Len*Ren」が誕生。パチパチ。
今は橘だけなので片方の「*Ren」のみですが、これにしようと決めた瞬間、何故だか落ち着きました^^
(ちなみに、橘の英語力は中1レベルなので、間違っていたとしても意味合いとしてつけた名前ですので、なにとぞ広い心で受け流して下さい)

そしてポイントが一つ!

「*Ren」の「*」ですが、これもサイト名として覚えて下さい。発音は出来ないけど。

数学でいうところの、掛け算を表す記号です。

意味として、私の作品は“誰かと一緒”とか、“誰かの力を借りている”とか、人の手を必ず借りているので付けました。

 

 

オリジナル感よりも愛着感を選びました。

ブログの内容を表すのは副題にしちゃおう。ということで、愛着ある方を選んだ私。

だって、橘右近といったら「Len*Ren」なんだもん。それ以外しっくりこないんだもん。
でも“橘の作った電子ノベル”という意味では全く関連がないわけではないか。よしよし。
皆さんは、どういう意味合いだったり、いきさつでサイト名とかタイトルを考えるのかなぁ。

インスピレーションもありですよね。

橘はキャラの名前を考える時、先にイメージイラストを描いてからインスピレーションでつけることが殆どです。

ゲームもキャラの顔をじーーーっと見て、

「よし、お前はひらがなでたけし!」
「んー、さっきからアルファベットしか思い浮かばん……じゃあ男の子だし、Fで!」←男の子はMです。おバカでしょ。

小説も短編なら書き終えてから、長編なら第1話を書いてから考えます。
たまにタイトルから思い浮かぶことがありますが、タイトル負けするというか話が掘り下げられない場合が多い…。

イラストならタイトル先でもイケる割合が高いけど^^

前に、そのホームページで「お題」をいくつか作ったことがあります。
橘も左近ちゃん(心の友)も、ネタに困った時、苦肉の策としてお互いに出し合ったりしました。懐かしいのぅ(笑)

「お題」とそれに沿ったイラストや小説は、サウンドノベルサイト【*Ren】をご覧下さい^^

長くなりましたが、お付き合い下さりありがとうございました!

 

こんな記事も読まれてます!



記事を書いた人



橘 右近
見た目は真面目、中身変態。演技について熱く語りたい声優兼小説家。
スーツアクターの浅井宏輔さんと藤井祐伍さんが好き過ぎて、ヒーローものを見ただけで興奮する。時に菩薩のような顔をしながら下ネタも熱く語ります。
>>>詳しいプロフィールはこちら


応援よろしくお願いします♪

ブロガーのためのコミュニティ【橘右近とカラミ隊】



インターネットやSNSが多く活用される現代で、多くの人の印象に残るためには、やっぱり個性が必要!!

あなたもブログやSNSにうまく個性を出して、皆に興味をもってもらえるようになりませんか?

このコミュニティでは、メンバーが【楽しいこと・好きなこと・下ネタ】をテーマに投稿できるブログがあります!!息抜きにも練習としてでも、自分のブログへのリンクとしても、メンバーなら無料で利用できます。