演技と文章でコミュニケーション力を上げるサイト

恋愛ファンタジー小説|アザナカミ

声をかけることができる人ってスゴい

WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -
>webという特性を活かし、笑いと文章で世界を救うヒーロー。 彼女の書く小説は、彼女のクソな部分を多く曝け出したシリアスな内容が多いが、雑記となると一変して笑いを盛り込み、読んでいる人を楽しませている。 そのギャップにあなたは目が離せなくなるだろう。 >スーツアクターの浅井宏輔さんが超絶に好き過ぎて、語り始めるとそこら中に唾を飛ばしながら100mダッシュした後の勢いになるので危険。
詳しいプロフィールはこちら

単純にそう思う。
私は今入院中だが、行動に制限はなく、比較的自由である。

だけどやっぱり入院しているだけあって、行動をするにあたって制限がある。
それが『痛み』だ。

痛いと、足が止まる。
痛いと、前屈みになる。
痛いと、呼吸が乱れる。

そんな私に「大丈夫ですか?」と声をかけてくれる人が周りにたくさんいる。

看護師さんだったり、先生だったり、事務員さんだったり患者さんだったり。

看護師さん達は仕事だからと言ってしまえばそれまでだ。
だけど、その声かけは決まりではない。別にやらなくてもいい。

だから、声をかける人とかけない人にも分かれる。

そんな中で、やっぱり自然と声をかけられる人って『優しい人』でもあり、スゴい人だと私は思う。

だって、言ってもらえた私は嬉しいし、少しの元気をもらえるんだから。

優しい人達がいっぱいで幸せだ。
 
 

この記事を書いている人 - WRITER -
>webという特性を活かし、笑いと文章で世界を救うヒーロー。 彼女の書く小説は、彼女のクソな部分を多く曝け出したシリアスな内容が多いが、雑記となると一変して笑いを盛り込み、読んでいる人を楽しませている。 そのギャップにあなたは目が離せなくなるだろう。 >スーツアクターの浅井宏輔さんが超絶に好き過ぎて、語り始めるとそこら中に唾を飛ばしながら100mダッシュした後の勢いになるので危険。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク




スポンサーリンク






- Comments -

Copyright© 笑いと文章で世界を救う!ライジング橘右近 , 2018 All Rights Reserved.