【不思議な夢 2連発】「親の役目」と「思い込みの怖さ」


私、たまにストーリーのネタになったりならなかったり、不思議な怖い夢を見ます。

だから、泣きながら起きたり、自分の笑い声で起きたりすることもあります(笑)

今回は、そんな『夢』のお話ですが、めっちゃ大事なこと言います。

しかも2つも!!

では、さっさと参りましょう(・▽・)

 

 

1つめ:「親の役目」

知り合いの家族(パパ・ママ・小5くらいの男の子・2~3歳の子・赤ちゃん)と、室内アスレチックみたいな所で、一緒に遊んでいます。

その家族の小5くらいの男の子(少年とします)は、

家族夫婦からしてみると、『養子縁組』されている子です。

パパのお姉さんの子だったのですが、お姉さんに事情があり、赤ちゃんの頃から完全に離れて暮らしています。
(亡くなったということにパパ系家族は落ち着いている状態)

 

幼児や赤ちゃん(つまりパパとママの子)と分け隔てなく育てていますが、

男の子は自分が生まれた時の写真がないことから、

自分はパパとママの子に生まれてきた訳ではないと気付いています。

 

そして、それとなく「死んでしまった」ということをどこかから(パパママではない人から)聞かされています。


一緒に遊んだことで、私は少年にとても好かれています。

そこでこんな『質問』をされました。

 

「僕は、パパとママの本当の子供じゃないんだ。

本当のママは死んじゃったって聞いたけど・・・

あなたが本当のママの生まれ変わりじゃないの?」

 


私は、この夫婦のことをいい人達だと思っていて、めっちゃ好きです。

現実にはあまりない状況だと思うし、これは私なりの答え(想い)だということを頭に入れておいてください(笑)

 

私の答え

今のお父さんとお母さんのことは好き?

少年、「好き」と答えます。

 

うーんと…残念だけど、私は君を産んだお母さんの生まれ変わりじゃないよ。

でも、君のお母さんにはなれる

少年、きょとんとしてます。

 

私はね、君が“この人がお父さんだ、お母さんだ”って思えば、その人達は本当にお父さんやお母さんになれると思ってる。

心でつながってるから。

 

心の中のお父さんやお母さんて、たくさんいていいんだよ。

そのたくさんのお父さん達から色んなことを教えてもらってね。

 

お父さんからは、失敗した時や困った時にどうすればいいか?そのお父さんならどうするのか?っていうのを教えてもらって、

お母さんからは、こうしたら人は嬉しくなるんだ、こうすれば悲しくなるんだっていう気持ちを教えてもらうの。

小さく頷く少年。

 

君は、私と遊んで楽しかった?

今度は「うん」と言ってくれます。

 

そっかそっか。私も楽しい。君が私をお母さんて思ってくれたの、嬉しかった

少年のかわいさにたまらず抱きしめる私。

 

でもね、一つだけ覚えておいてね。

今のお父さんとお母さんが、一番君のこと考えてて、心のつながりも強いってこと。

まず、今のお父さん達を見て、色んなお父さん達のことも見るんだよ。

 

そうやって、たくさんの人から教わったことを自分のものにして、

『生きてて良かったー』って、言えるようになるのが一番嬉しい。

 

大丈夫大丈夫。

君ならできるよ。

だって、こんなにあったかいもん。

 

オチです

なんか、こんな夢を見たってことが恥ずかしいな。

なぜ私が最後にあったかいと言ったのか?

それは、実際に息子達にくっついて寝ていたためと思われます(笑)

・・・という現実(・▽・)

 

この話、一週間くらい前に見て、皆ならどう答えるのかなー?とコラボしようと投げかけておいて、自分がやりたいことに関して迷走するってパティーンに陥り、放置・・・ではないよ。覚えてたよ。ちゃんと記事にしたもんね!!

 

と、言い訳かましたところで、次の夢です。

 

 

2つめ:巨大迷路から抜け出せない!?思い込みの怖さ

前回、男性について記事を書いたせいか、この迷路に参加するのは男性と男の子のみです。

そこに何故か参加出来ちゃった女性橘。夢なので、深く考えてはいけません。

 

迷路は、こんな正方形のネット状の枠組みが何列も連なってできています。

net
穴じゃない部分も編んである感じ。

もっとスカスカですが、絵の技術がないのでご勘弁を(笑)

6面で直方体を作ってるようなイメージです。

1つでっかい穴があいてるネット枠が通れる穴(道)です。

 

上から見るとこんな感じ。

meiro1

四角がネットで作られたキューブ。

もっと広いけど、四角とわかるように大きくしました(笑)

縦横ともに数十列はあった。

 

 

A・Bブロックと分かれていて、ブロックを囲うようにして通路があります。(入口に近い方がA)

この通路にはネットはありません。

通路の周りは外壁(ここもネット)です。

 

迷路の入口には、こんな看板がありました。

◆Aブロックには、通路に出られる穴(道)はない。Bブロックにつながる道はある。

◆Bブロックには、3つほど通路に続く穴がある。

◆出口は必ず存在する。

 

そう。Aブロックの外側には、通路に出られる穴はありません。Bブロックにつながる道しかない。

Bブロックには、3つあります。

 

迷路に入った男性たちは、皆Bブロックを目指して進んでいきます。

 

やがて、数名の男性がBブロックから通路に降り立ちました。

するとどうでしょう。

通路には、ライオンが2頭放たれていました。

 

このライオンはお腹を空かせ、苛立ち、吠え上げます。もちろん、人を食べようとします。

武器なんてものはありません。

子供たちは泣くし、男性達も疲れてイライラ・・・しかし、出口に向かわなければ、いつまで経ってもこの状態です。

 

ネットにしがみつきながら、出口を探します。

遠目からでもわかっていましたが、外壁を調べて男性達は愕然としました。

 

あろうことか、出口が一つもなかったのです。

 

もちろん天井にもありません。

床は、手で掘れるような柔らかい土ではありません。おそらくコンクリートと呼ばれる石(石灰)です。

地下に通じる穴も見つかりませんでした。

Aブロックに、本当に通路に出る穴はないのか探しましたが・・・残念ながらありません。

 

出口(希望)を失った男性たちは絶望し、発狂しました。

 


 

・・・と、ここで目が覚めたのですが、私は怖い夢や気持ち悪い夢を見て、またそのまま寝てしまうと、必ず続きを見てしまうんです。

しかもいや~な結末の方で。

だから、もう一度寝る前に、頭の中で映像としていい結末を想像して、この夢を完結させなければいけません。

さあ、皆さん。出口を探しに行きますよ!

 

ここで一度、情報を整理しましょう。

1)外壁に出口はなかった。

2)天井も床も、脱出できる穴(道)はない。

3)でも、必ず出口は存在する。

勘のいい方ならわかったかもしれませんが、しばし解説編にお付き合い下さい(笑)

そもそも、なぜ男性の皆さんはBブロックを目指したのでしょうか?

 

そう。

「Aブロックからは通路に出られる穴はない。Bブロックにつながる道はある」

と、私が書いたからです。

 

この「通路に出られる」というのがキーワードで、

これによって「通路に出口がある」と「思い込ませた」のです。

 

そこに「Bブロックにつながる道」と「Bブロックには、通路につながる穴が3つある」としたことで、皆その穴を目指したんです。

 

通路に降り立った途端にライオンも登場させるという問題を起こすことで、ここでも「通路に出られたらまずい=出口がある」と、更に見せました。

ところが、外壁に出口はない。

そうなんです。

私、外壁に出口があるなんて、一言も言ってないんです。

 

迷路から脱出できる唯一の方法

 

それは『入口に向かう』ことです。

 

「あー」と思った方ありがとうございます(笑)

 

 

何で今回こんな話をしたかっていうと

「今の日本に足りないと思っていることを、具体的に夢に見たから」です。

 

1つめ:「親の役目」編

日頃、子供は大事とか、周りの大人が(自分の子だけでなく)子供を守らなきゃって言ってるけど、

実際、どうすればいいの?ってことをあまり書いてなかったなと反省し、夢にも見たことだし、ここはいっちょ具体的にお話しするか!と思い立ちました。

 

男女別というか、「父の愛」「母の愛」として、子供たちに伝えていきたいこと。

男性の行動に「正解」っていうのは、あんまり存在しないんだけど(正義はある)、

女性の行動に「間違い」はあって欲しくない。

 

というのも、「本当は嫌」なのに、「嬉しい」と言ったら、子供たちは混乱します。

言葉と態度(受け取る感情)が違うから。

 

逆に、「本当はこれが好き」なのに、周りに合わせて「あー、これ大好きー」なんて言っててもダメです。

そうやって言わなくちゃいけないのかな?ってなります。

 

私は小さい頃に一度、「かわいいわね~」と言ったおばさんに「うるさい、ババア」と返したことがあるらしく、とんでもないことを言ってしまったと、今になって猛反省しています(笑)

「本当はそう思ってないくせに♡」って、子供が言うのも相当変ですけど(・▽・)

 

女性は「自分のため」にも、感情はちゃんとそのまま把握しないとどんどんドツボにはまるので気をつけましょう。

 

 

2つめ:迷路編

これは、今の日本の男性社会を表しているような気がしました。

「出口」という目標に向かって進むんだけど、

「思い込み=普通であること」に流されることによって、行き詰ったり、目標を見失ったりします。

誰かを蹴落としたり(犠牲にしようと)するかもしれません。

 

私がこの夢で一番引っかかったのは、頑張って出口を探してきた男性たちの絶望です。

希望(目標や夢)を失った男性の姿は、見ていられないくらい痛々しいです。

だからって目を背けちゃダメですけどね。(女性陣に告ぐ)

 

でも誰かが(自分であればなお自信につながると思うけど)

この「思い込み」をとっぱらって、本当のゴールの存在を伝えれば、

迷路の中にいる男性達は、きっと協力して子供たちを連れてゴールを目指します。

 

希望(夢)ってね、それくらい大事。

 

「思い込み」をとっぱらえない人は、ずっと見つからない出口を探し続けるだけです。人を信じない人も。

別にいいんですよ。その人の人生だから。

でも、ゴールを目指す人の足を引っ張ってはいけません。

 

ゴールしていく姿を見て、自分なりに考えて出口を探せば、それでいいんじゃないでしょうか。

 

・・・って、偉そうなこと言ったけど、

私自身、絶望したところで目覚めてるから、まだまだってことです(笑)

 

たまに、こういう夢を見る変人代表、橘でした♪

おそ松さまですヾ(*´▽`*)マタネー♪

 

 

こんな記事も読まれてます!



この記事を書いた人

橘 右近
見た目は真面目、中身変態なブロガー。演技について熱く語りたい声優兼小説家でもある。
スーツアクターの浅井宏輔さんと藤井祐伍さんが好き過ぎて、ヒーローものを見ただけで興奮する。時に菩薩のような顔をしながら下ネタも熱く語る。
>>>詳しいプロフィールはこちら

応援よろしくお願いします♪

ブロガー達が本気で集客と収益について考えるグループ【マジcom!】

どうして、色んなコミュニティに入って、その人のやり方を真似して頑張っているのに、収益が上がらないんだろう?

自分の成功例は、自分で作らないといけません。

人の成功例は、あくまでも「その人だから」できたんです。

色んな人の意見を取り入れ、実行するのは素晴らしいことです。

今度はその色々な選択肢を、自分に合うようにしぼってオリジナルの成功例を作らないといけません。

私のコミュニティは、人の意見を聞き、自分の意見を出すことで成功例を見つけていきます。

自分が動かないと、何も変わりません。

ちょっとでも気になったあなたへ。

まずは、私の熱い想いを聞いて下さい。