福島から避難してきた子供達がイジメられる件について、私が思うこと

 

神奈川に続き、新潟でもイジメ問題が浮上しましたね。

今朝、いじめられていた子のお母さんがインタビューに応えているのを聞いて、涙が出ました。

 

「新潟の人達には、本当によくしてもらっているし、事を大きくしたくなかった」

 

これは、お母さんの本音だと思います。

イジメられていた子も、本当によく頑張ったと思う。ギリギリ限界まで頑張った。えらい。

 

今回のことで思ったのは、次の3点。

  1. 担任の先生が「やってしまった」ことの重大さ
  2. 今現在だけでなく、1秒でも未来のことを考えないとダメ
  3. 子供たち(特に男の子)に伝えたいこと

 

では上から順にいきます。

 

 

①担任の先生が「やってしまった」ことの重大さ

今回の事件で一番悪いのは、やっぱり「担任の先生」

次にいじめた子供たちの親

最後にいじめた子供たちです。

 

いくら子供といっても、3~4年生にもなれば、「言ったら相手が傷つくこと」くらいわかるでしょう。

それをわからないでやっていたとしたら、周りの大人達の責任です。

教えなきゃダメ。人は教わらないとできません。

 

逆にいうと、教わったこと(人にされたこと)をします。

 

だから、いじめた子供達は3番目に悪いです。

 

2番目のは、いじめたらどんな気持ちになるとか、結局自分のした行動は自分に返ってくるんだということを、ちゃんと教えなかったからということと、自分の子供の行動に気付けなかったことで悪いです。

基本的に、人は自分を軸に考えると思うので、「相手を思ってイジメをしない」がベストですが、それができなければ、

  • 「イジメたら嫌な気持ちになる」
  • 「自分の価値を下げている」
  • 「あとで違う形で自分に跳ね返ってくる」

と、自分軸で考えさせればいいんです。

 

最後に先生。

この事件、「男子生徒に酷い言葉を担任の先生がぶつけた」だけではないです。

少なくとも、私はそう思ってます。

 

この先生が「やってしまった」ことは、男の子を傷つけたことだけでなく、

男の子の希望を消し去ったことと、新潟の人達への風評を下げたことです。

 

男の子のお母さんの言葉から察するに、先生に悩みを相談したことで希望を抱き、それまでどんなにいじめられていても学校に行っていたのに、先生から「○○菌」といじめた子供達と同じことをしたせいで、学校に行けなくなった=希望を失ったのです。

先生に悩みを相談するのは、とても勇気がいりますよね。

しかも「イジメられてる」とまでハッキリ言わなかったとしても、「嫌な思いをしている」というのはなかなか言いづらいです。

 

それなのに。

 

もう一つは、新潟県の人達の印象が悪くなったことですよね。

お母さんも言っていたけど、きっとお母さんの周りにはあたたかい人達が多いのでしょう。

でも、ニュースで取り上げられるのは「悪いところ」です。

 

今回の担任の先生のような人はどこにでもいるけど、そういう悪いところをニュースで報道されると、その土地に住んでいる人達の評価が下がります。どうしても。

取り返しのつかないことを、この先生は「やってしまいました」。

大きいですよ、このことは。

 

 

②今現在だけでなく、1秒でも未来のことを考えないとダメ

過去の例を見て、未来に活かす

つい最近、似たような事例があったのだから、神奈川の男の子がどういう気持ちで過ごし(過去)、自分の意思を告げることでどう気持ちの変化があったのか?そして、生きる未来が明るくなったのか?

これくらいは、同じ「生徒をもつ先生」なら考えて欲しいですよね。もちろん、大人全体で考えた方がいいですけど。

 

ちゃんと考えていたら、自分の生徒には言わなかったでしょう。(それで言ったら、もう先生やめた方がいい)

男の子が希望を失うこともなかったし、新潟の人達の印象も悪くならずに済んだはずです。

 

自分がこの言動をすることで、相手はどう感じるか?

これを1秒でも先を見据えてとったことなら、結果は違います。

 

担任の先生は冗談のように言っていたと証言はあるけれど、言われた男の子がどんな未来になるか?を1秒でも考えていたら、発言自体なかったでしょう。

それでも言ったなら、本当に先生やめた方がいい。

考えてなかったから、軽はずみな言動をとったんでしょ?って思います。

 

マジね、それで最初「絶対に言ってない」と嘘ついたんだから、この先生は「今、その時」のことしか考えられないんだろうね。

 

 

③子供たち(特に男の子)に伝えたいこと

担任の先生がしたことは「悪い」。

それは、まぎれもない事実。

 

ここで学んで欲しいのは、

たとえ「先生」と言われる大人でも「嘘」をつくし、完璧ではない。

親も同じ。

 

大人ってスゴい所もあるけど、弱いところももちろんある。

ズルい大人もいるけど、カッコいい大人も必ずいる。

 

だからね、自分が「この人のここがカッコいいな」と思ったら、そのカッコいいところを見て・マネしてね。

 

たくさんの大人の、カッコいいところ・スゴイところを見て、夢を持って下さい。

そして、目標となる人を見つけたら、その人のいいところと弱いところもちゃんと見て下さい。

 

「嘘をついてない僕が学校行けなくて、

嘘をついてる先生が、なんで学校に行けるの?」

 

うん。私もその通りだと思う。

ホントに、その通り。

つらかったよね。楽しみにしていた学校の行事があったんだもんね。

 

 

大人は、自分の今のことだけじゃなくて、子供の未来を考えなくてはダメ。

そうしないと、過去や現在の私達をお手本にした子供達が大人になった時、その未来の子供達は一体どうなってしまうのでしょうか。

 

人って、そうやってつながっているのだから、自分の今だけを考えて生きるのはやめましょう。

立派なことを言わなくてもいい。カッコ悪いところも見せないと、カッコいいもわからない。

「自分はこの時こう思ったから、こういうことをしたんだよ」って、それを教えるだけでもいい。

 

過去を学び、現在に活かし、未来につなげる。

これを子供たちに教えつなげていくのが、私達大人の責任。

 

 

今回も読んでくれてありがとうございます。

 

■橘右近も入ってるよ!!

 

この記事を書いた人

橘 右近
見た目は真面目、中身変態なブロガー。演技について熱く語りたい声優兼小説家でもある。
スーツアクターの浅井宏輔さんと藤井祐伍さんが好き過ぎて、ヒーローものを見ただけで興奮する。時に菩薩のような顔をしながら下ネタも熱く語る。
>>>詳しいプロフィールはこちら

応援よろしくお願いします♪

コメントを残す