2017/05/13

「ノベルゲームを作りたい」──そんなあなたへ5つのアドバイス

 

ゲームが好き過ぎて、自分好みの乙女(ノベル)ゲームを作ると宣言した主婦・橘右近です。

さて、今回はゲームを作る前の準備として5つアドバイスをしたいと思います^^

ゲーム作りたいけど、お金かけたくない!簡単に、むしろブログ書くような感覚で作りたい!やる気だけはある!という人にぴったりな方法をご紹介します。

何を隠そう、私がこのタイプだったので大丈夫です。←隠してはいない

知識0です。←「乙ゲー」という名前は知ってるよ!

フリーゲームを楽しんだというスキルだけは持ってます!←スキルじゃねーべ

 

ではではアドバイススタートです!

 

無料で配布されているゲーム作成ツールを利用しよう!

……それだけ?嘘よね。それだけなの?簡単って、作業のことじゃなくて、説明のことなの!?

ご安心ください。説明は丁寧にしていきます。

ゲーム作成を本当の本当に0から始めるなんて、そりゃ無謀です。

無料で簡単に作りたいのであれば、世に出回っている素敵なツールや素材など、使えるものは何でも使うんです!ビバ無料!

ということで無料のゲーム作成ツールを決めましょう。

 

吉里吉里

橘が実際に使ったツールです。初心者でも十分使えますが、自由度が半端ないので(ノベルゲームだけではなく、RPGやシュミレーションゲームなどもその気になれば作れるという優れもの)、「私の作品は究極を追い求める!」みたいな研究者タイプの方は好きかも。でも、本当に基本をおさえたノベルゲームなら簡単に作れます。

皆様にお見せするサンプルも、こちらのツールを利用しています。

 

LiveMaker

橘はまだ利用したことがないのですが、めっちゃ評判いい。本当に一度も作ったことがない人へおすすめしているツールのようです。とても気になります。一度利用してみようと考えている注目のツール。

 

検索すればツールの紹介をしているサイト(ゲーム制作ツール集:無料ゲームbyふりーむさんとか)が出てくるので、他が気になる方は覗いてみるのもいいかもしれません。

が!数多くツールを試すのはお勧めできません。

ツールの数をこなすのではく、一つのツールを数こなした方がいいからです!

違うツールにすると、また0からのスタートだったり、その都度やり方を変えなくてはいけないですからね……。

 

ゲームに必要な素材を考える

利用するツールは決めた!じゃあ次は?ということで、その手順として一番先にやることは、ストーリー(シナリオ)のあらすじを考える、です。それもめっちゃ短く簡潔に。シンプル最高!

ストーリー長くしたり、ゲームの中の要素を増やすと当然ですが作業量も増えます。最初にこれをやってしまうと心折れるので、お勧めしません。

まずは「作れた!」という自身をつけるためにも、超絶に簡単なストーリーにしましょう^^

具体例を出すと・・・

  • 起:朝、起きる。眠いけど、学校遅れる・・・。
  • 承:ご飯を食べにリビングへ。そこで母の一言。「あんたまだいたの?遅刻するわよ」
  • 転:二度寝してたとかないわー!外へ飛び出した瞬間人とぶつかる。
  • 結:そのぶつかった人こそ、私の運命の王子様だった。

こんな感じ。うん、いいね。

ここでゲームに必要な素材は?とメモ活動開始!

シナリオ、背景、音楽、イラスト(スチル)……あとは~?と考えながら、とにかく書き出す書き出す書き出す!

あらかた思いついたら次のステップへ。

 

実際に、公開されているゲームをプレイする

ここで!?はい、このタイミングで。

見落としがあるかもしれないし、他の作品でいいなーと感じたことをメモしておけば、今後に活かすことも出来ます。

百聞は一見に如かず。

これはリサーチなのです!プレイと書くと遊んでる印象が強いけど、これも制作の一部なんです!と自分に言い聞かせて、とにかくやってみて下さい。

ゲームはクリアしなくてもいいので、最初のメニューから2,3ページくらいは読んでみましょう。

検索サイトに行く前に一つポイント。

気になったゲームをダウンロードする際に、何故気になったかを一言メモしておきましょう。

<例>

  • イラストが好み
  • タイトルに惹かれた
  • あらすじを読んで気になった など

 

それでは、参考ゲームを探しに行きましょう。

 

ゲーム画面を開いたらリサーチ開始ですよー!メモメモメモメモ…。

  • メニュー:メニュー画面、BGM、効果音(SE)、メニューボタン……
  • 1ページ目:画面切り替わる時に暗くなった(画像?)、吹き出し?、シナリオ、BGM、背景……などなど

こんな風に書き出したら、自分の作品に当てはめてみましょう。

この作業は一日で終わらせる必要は全くありません。が、もし一日で出来たら自分は天才!と調子に乗ってOK。むしろ乗ろう。ウェーーーブ!!

さて、ここで最も重要なことを言います。

 

この自作ゲームについて、一日に一つ、必ず何かを決める。

例えば、 今日はキャラ設定→次の日、昨日考えたキャラを掘り下げる→3日目、シナリオ「起」を作る→4日目、無料音楽素材を探す→5日目、イラストを描く……といった感じで。
前日決めたことの修正でもいいので、必ず一つは決めましょう!シナリオ一行でもOK!

 

とにかく、習慣づけることが大切です!!

 

 

まとめ

  1. 無料で配布されているゲーム作成ツールを利用しよう!
  2. ゲームに必要な素材を考え、メモをする。一番先はストーリーのあらすじよ。
  3. 実際に、公開されているゲームをプレイする。
  4. 作りたいゲームについて、一日に一つ、必ず何かを決める。
  5. 情熱をもて!!

いつの間にか5出てるし。

しかーし!これもすごく大事ですよ!これないと作ろうという気が起きなくなるから。
あくまで一番最初に作るゲームはテスト用なので、素材はチョーーー簡単にして下さい。
メニュー画面だって、白背景に「メニュー」の文字だけでいいし。ボタンも文字のみ。シナリオだって1シーン1行で終わってOK。わざわざ文字をわけて2ページにしてもよし。
イラストも棒人間とか、ただの○で全然問題ない。

↓もうこんなんでハイレベル

sonota

クオリティが低ければ低いほどいいんです。
いざ完成して、プレイしてみるとあら不思議。
次はこうしたい!って気持ちがどんどん溢れてきます。
イラストちゃんと描きたいなーとか、続き考えてみようかな?とかね。もう、うずうずしますよ。
で、少しずつ出来ることを増やしていきましょう。大丈夫大丈夫。

なせばなる!なさねばならぬ、何事も!!

 

共に、ゲーム作るの楽しい!きゃっほい!!な感動を味わいましょう!

 

ご覧頂き、ありがとうございました^^ お疲れ様です!

 

 

 

 

Copyright© 橘右近のライジングエンタメブログ , 2015 All Rights Reserved.