嫉妬するのは悪くない!問題は、その気持ちの処理の仕方です。

あなたは嫉妬したことが、ありますか?

 

私は、あります。

そして、されたこともあります。

両方の気持ちがわかって、2倍ラッキー♪な橘です。

 

先日、友達が嫉妬の対象になってしまい、私はその友達をフォローするのは当然ですが、嫉妬した人へアドバイスをしました。

伝わってくれるといいけど、今回はなぜそんなことをしたのかという理由と、嫉妬心が芽生えた時の対処法をお話します^^

 

 

私は、自分の好きな人を悪く思われるのが嫌い

私が嫌われるのは別にいいんですけど、自分の友達とか大切な人=好きな人達が、嫌われたり傷つけられるのは堪えます。

自分が嫉妬の対象だった場合、頼ってこられたら応えるけど、自ら接触しようとしないし、基本放置。

愛の反対が無関心だと思っているので、結構酷いことしてます(笑)が、嫌ってるんだから、わざわざ絡まなくてもいいかと割り切ってます。

 

でも、その対象が好きな人たちとなると話は別で。

ずーっと妬みの対象になってるのがイヤなんです。違うし!間違ってるし!って言いたくなる。

 

あと、二次災害を防ぐためという意味も込めて、アドバイスしました。

 

嫉妬するのは悪くないです。むしろ当たり前。人間だもの(笑)

 

でも、嫉妬の対象となった人が悪いなんてことはなく、

嫉妬した原因を解決しないと、いつまで経っても状況なんてよくならないし、悪化するだけです。

 

 

私だって嫉妬する

そりゃもう、ドロドロな時期がありました(笑)

ドロドロヘドロな感情が他人に向けば「あんな奴、死ねばいいのに」って思ったこともあったし、

自分に向いた時は、「あー私って、生きてても死んでても、どっちでもいい人間なんだな」って思って、毎日どうやって死のうかと考えていました。

いざ実行しようとした時(自分に向いた方で)、ふと「ここで死ぬために今まで生きてきたのか」と思ったら、急に悔しくなって……やめました(笑)

(どうして悔しくなったのかなどの詳しい話は、またの機会にします)

 

そんなこと言っても、「私の気持ちなんてわからないわよ!」と言われたら悲しいですけど、私が一番いいと思う『気持ちの処理の方法』をお伝えしますので、とりあえず聞いて下さい(笑)

 

 

誰かに嫉妬してしまった時の処理の仕方

1.まず、抱いた負のエネルギーを一人で発散させる。

ex)とりあえず外へ走りに行く(男性向き)

紙に感情をなぐり書きするor泣く(女性向き)

 

悪いことを考えるエネルギーをこれで消耗するイメージです。

30分もやれば疲れてくるので、悪いことを考えなくなりますw

 

この時、他人を巻き込んではいけません。

メールや書き込みなど、体力(エネルギー)を使わないで発散する方法もダメです。それに、その文章送っちゃうから。

男性だと、女性の体を求めちゃうんで、一人で走ってきて下さい(笑)

そういう負の感情を女性は受け取って、二次災害を引き起こすハメになる。

 

 

2.落ち着いたら、自分が嫉妬したことを認める

この、認めるっていうこと、難しいと思います。

いいことならすぐに認められるけど(自信になるから)、悪い感情なので、そんなこと思っちゃいけない。思ったら人間失格みたいに(人によっては)否定してしまう部分なので。

でも、ここから始めないと、前に進むどころか立つことも出来ません。

ここは、頑張って下さい!

 

 

3.何で嫉妬したのか、原因を徹底して考える。そして解決していく

ex)女性で考えます。職場でも、クラスでもいいです。

「男性に優しくされる女性」を見て、「何であの子ばっかり!あの子なんて、ただのぶりっ子じゃない!」と嫉妬したとします。

あの子ばっかりズルい!私だって、優しくされたい原因1

何で、優しくされたいの?

だって、男性に優しくされて嬉しい。・・・お父さんにはしてもらえなかった原因2

ここでお父さんへの不満がわきあがってきたら、また1の方法で発散させる

本当はどうしてもらいたかったのか?を考える

出てきた疑問を一つずつ解決していく

 

ここで、嫉妬の対象になった人からヒントを得ることもできるし、素直に質問すればいい。

あとは、男性(私の言ういい男)にアドバイスをもらうのもいいですね。(わかりやすく・ストレートに・簡潔にw)

 

 

 

こういう時に、男性の世界で学ぶ「男の生き方」がすんごく役に立つ

エロい気持ちで優しくして何が悪い!っていう男子の気持ちを女子の私が代弁してみた。」でも書いたのですが、男性の世界は厳しく、また生きる上で必要なことを学べる場でもあります。

処理の方法でお伝えした「解決していく作業」を、自分一人でも行うことが出来るし、悩んでいる女性を助けることも出来るからです。

ここではその方法を詳しく述べることはしませんが(私も勉強中&記事をかく体力といった面でw)、男性は男性で、この方法を男の世界で学ぶ必要があります。(少年期~20代がベスト)

だから、男性って大変なんですよ(笑)

 

女性は女性で、こういう生き方ができる(できそう)な人を見抜く力と、応援する力を身につける必要があるんですけど。

でも、お互いがこのことを身につけられれば、私の夢である『女性が幸せになれれば、皆ハッピー』が実現する。(  ̄▽ ̄)☆フフフ

 

一人でも多く幸せを感じることが出来れば、世の中ってよくなると思うんです。

 

子供たちの心も豊かになります。

 

子供って、宝って言いますよね?

宝なんだったら、大切にしますよね。

放置や、わざわざ傷をつけるなんてしないはず。

 

子供のケアは、大人の役目です。

周りのというより、いっそのこと人類の大人全ての役目。

 

なので、まずは自分のことを大切にしてみましょうか^^

 

なぜって?

他人を傷つけるということは、自分のことも傷つけてるってことだから。

 

 

男性って、強くて逞しくて、優しくてカッコいいんだよ

まともで真面目な男性ほど自分に誇りをもっているので、人を傷つけようとしません。

ましてや、女性や子供に手を上げるなんてことは絶対にしません。(理不尽な暴力をふるうってことです)

 

暴力をふるうという行為が、苦しくてツラいことだって知っているから。

自分の誇りにも、傷がつくことを知っているから。

 

男性って、本来、強くて逞しくて、優しくてカッコいい生き物なんです。

女性は、そんな男性のエネルギー源となるスゴい存在なんです。

 

ちょっと、言いたいことが散乱しましたが、

嫉妬や黒い感情が湧いたら、参考にしてみて下さい^^

 

それでは、おそ松さまでしたヾ(*´▽`*)マタネー♪

 

 

ブロガーのためのコミュニティ【橘右近とカラミ隊】



インターネットやSNSが多く活用される現代で、多くの人の印象に残るためには、やっぱり個性が必要!!

あなたもブログやSNSにうまく個性を出して、皆に興味をもってもらえるようになりませんか?

このコミュニティでは、メンバーが【楽しいこと・好きなこと・下ネタ】をテーマに投稿できるブログがあります!!息抜きにも練習としてでも、自分のブログへのリンクとしても、メンバーなら無料で利用できます。

応援よろしくお願いします♪