高校生カップルの心の声を勝手にあててみたって話


 

むかーし、むかし。

あるところに、橘右近とその仲間(役者)が電車に乗っていたそうな。

帰宅時間にずれていたのか、車内の人はまばら。

ホントに東京都かここは?と思わせる風景。

 

 

そんななか、向かい側に高校生カップル発見。

部活の先輩(男子)とそのマネージャーといった距離感。

じゃあ、カップルじゃないじゃん!というツッコミは、ありがたく流しておく。

 

ヒマを持て余していた橘とその仲間たち。

自分達のスキルアップのために、カップルの心の声を演じ始める。

 

彼「」彼女「」:本当に二人が話している言葉

彼『』彼女『』:橘とその仲間が演じている心の声

橘「」仲間「」:実際に橘たちが話している言葉

cuple

彼女「先輩、今日の練習きつかったですか?」

彼「あー、いや、大丈夫だよ」

彼女『先輩と一緒に帰れて嬉し~!』

彼『あー・・・何話せばいいんだろう』

彼女『先輩も同じこと思ってるかな?』

彼『彼氏、いるのかな?』

彼女『彼女はいないよね・・・?でも好きな人いるのかなー?』

彼『かわいいな。彼女になんないかな』

彼女『先輩、あんまりこっち見ないなぁ』

彼『やっべ。なんか近いな』

 

彼女「やだ、先輩」

彼女、彼の腕を触る

 

彼女『きゃ、触っちゃった❤』

tachibananakama

 

仲間、吹き出す。私、毒吐く。

仲間「そんなこと思う?」

橘「思うでしょ!何でそんなにウケてんの?」

奴はツボにハマってしまい、笑っています。

しかし、彼らは止まりません。

cuple

 

彼女「あ、降りなきゃ」

彼「え?まだここ○○だよ」

彼女「やだ!間違えちゃった」

そしてボディタッチ。

彼女『きゃ、また触っちゃった❤』

 

tachibananakama

 

仲間、なかなか帰ってきません。

仕方がないので、私一人頑張ります。

 

cuple

彼女『先輩、引きとめてくれたぁ。嬉し~!それに、なんか焦った顔してたし・・・えー、嬉しい❤

今のわざとっぽくなかったよね?大丈夫だったよね?えー、どうしよう。私、計算高ーい❤

仲間「ちょいちょいちょいちょいちょい!」

橘「何々何々!?」

仲間「キャラ濃すぎだって!ずりーよ」

橘「は~、何言っちゃってんですかね~。全然濃くないし、むしろさっぱり顔だし」

仲間「誰も顔のこと言ってないから。絶対、あの子そんなこと思ってないでしょ」

橘「いやいや、思ってるかもよ~?それに、役作りの練習なんだからいいじゃん」

 

と、そうこうしている間に、カップルは降りてしまいました。

ちゃんちゃん。

 

・・・っていう、今の話、どこまでが嘘かわかりますか?

  1. 全部嘘
  2. 1回目の「触っちゃった❤」から嘘
  3. 2回目の「触っちゃった❤」から嘘
  4. 全部本当

 

さあ、正解は!?

 

 

デロデロデロデロデロデロ~~~~~~~~~~ジャン!!

 

 

正解は③!!

 

私が「きゃ、また触っちゃった❤」って言ったら、仲間は笑いのツボにハマりまくり、高校生カップルが電車を降りるまで戻ってこれませんでした。

 

この最後の会話は、カップルが電車を降りてからしたので、正解は③

でも、会話はしたから・・・結局答えはここにないのか!!?

 

 

 

 

橘 右近
くだらない!!!

 

役者志望の皆さま、このストーリーを演じるもよし、自分で勝手に心の声を演じるもよし。

楽しいので、ぜひやってみてください。

 

 

読んでくれて戦キューヾ(*´▽`*)マタネー♪

 

 

こんな記事も読まれてます!



この記事を書いた人

橘 右近
見た目は真面目、中身変態なブロガー。演技について熱く語りたい声優兼小説家でもある。
スーツアクターの浅井宏輔さんと藤井祐伍さんが好き過ぎて、ヒーローものを見ただけで興奮する。時に菩薩のような顔をしながら下ネタも熱く語る。
>>>詳しいプロフィールはこちら

応援よろしくお願いします♪

ブロガー達が本気で集客と収益について考えるグループ【マジcom!】

どうして、色んなコミュニティに入って、その人のやり方を真似して頑張っているのに、収益が上がらないんだろう?

自分の成功例は、自分で作らないといけません。

人の成功例は、あくまでも「その人だから」できたんです。

色んな人の意見を取り入れ、実行するのは素晴らしいことです。

今度はその色々な選択肢を、自分に合うようにしぼってオリジナルの成功例を作らないといけません。

私のコミュニティは、人の意見を聞き、自分の意見を出すことで成功例を見つけていきます。

自分が動かないと、何も変わりません。

ちょっとでも気になったあなたへ。

まずは、私の熱い想いを聞いて下さい。

コメントを残す