6:バナナミルクと私の居場所|君がいたから

小料理屋「凛」は本当に近所にあった。込み合った商店街の中のお店くらいの広さだが、狭くは感じない。きっとおばさんのセンスがいいのだろう。
予め真己から話が通っていたようで、おばさんは驚くことなく快く迎え入れてくれた。まだ夕方ということもあるのか、お客さんの姿はない。私は軽く挨拶をして、昨日両親から聞き出した手土産を渡した。ちなみに真己のシャツは会ったときに返している。

「菜々子ちゃん、今日はゆっくりしていってね」
「はい。ありがとうございます」

おばさんは真己に今日は店を休むように言っていたので、私は普段の真己の様子が見たいとお願いしてみた。気を使ったわけでも何でもなく、本心だった。
実際そう言って、おばさんは助かったようだ。失礼なことかもしれないが、私が思っていた以上に繁盛していたからだ。真己とおばさんの他に、もう一人バイトの男の子がいるのだが、それでも目の回るような忙しさである。
カウンターの端で今まで黙って見ていたけど、食事も終わったし、どうもじっとしていられない。これでも食事を頂いたらお礼をするという義理堅い面があるのだ。
私はそっとカウンター内(いわゆる厨房)にいる真己に声をかけた。

「ねえ、何か手伝うことない?」
「え? いいよ。菜々子はお客さんなんだから」
「そんなこと言わずに。手伝いたいのよ。真己だって家でご飯食べたらお手伝いしたじゃない」
「子供が出来る範囲だったよ」
「もー、変に謙遜しないでよ。私、高校の時に飲食店でバイトしたことあるから、ちょっとは役に立てると思うよ?」

なかなかいい返事をくれない真己に、おばさんの一押し。

「菜々子ちゃんが手伝ってくれるなら助かるわー。今日は特に混んでるから」

真己はしぶしぶ承諾した。
おばさんからエプロンを借りて、料理を運んだりテーブルの片付けなど、レジ以外のことを担当した。食器洗いでもよかったのだが、あまりさせてはもらえなかった。華は見える所(カウンターの外)へということらしい。それは冗談で、手を荒らしてはいけないと気を使ってくれたんだろう。
手伝い開始から二時間くらいでお客さんの足は減った。お店兼住家なので、きっちり午後11時半には閉店することを常連さんも把握しているそうだ。
それでも半分以上は席が埋まっていたが、三人いれば余裕だというので私のお手伝いはここで終了。

「お疲れ。送っていくから、ちょっと待っててな。飲み物、来た時に座ってたところに用意してあるから」
「ありがとう」

エプロンをたたみ、手荷物を持ってカウンター席に腰を落とした。真己の言っていた通り何やら飲み物が用意されている。クリーム色の無炭酸のようだ。炭酸が飲めないことを覚えていてくれたんだと、くすぐったい笑いがこみ上がる。

「あ! バナナミルク! おいし~い!」

一口飲んで感激の声を上げる私に、着替え終わった真己が笑みを浮かべて顔を出す。メニューにないってことは、わざわざ作ってくれたのだろうか? それにしてもどうして私の好きな飲み物を知っていたのだろう?

「昔から、何か飲むかって聞かれたらバナナミルクって答えてただろ? だから」

不思議そうな顔の私に気付き、そう説明する真己。自分でも気付かなかった癖を知っていたなんて、ちょっと(いやかなり)嬉しい。

「好みが変わってなくてよかった」

お礼と感動した旨を伝えると、真己は照れくさそうに笑った。

「あ、菜々子ちゃん。ちょっと相談があるんだけど、いいかしら?」

そろそろ帰ろうかとした時、おばさんが遠慮がちに言った。何ですかと尋ねると、私にはある意味嬉しいことを提案される。
それは、来月からいなくなってしまうバイトの子の代わりになってくれないかということだった。アパート生活にも慣れてきたし、そろそろバイトでも始めようかと考えていたのでちょうどいい。何より真己と会える日が増えるのだ。せっかく再会したのに、なかなか会えずに疎遠になってしまったなんて結果は嫌。
真己がおばさんに抗議をしているようだったが、私は二つ返事でそれを承諾した。

それから週四日のバイト、加えて大学のある日の夜ご飯をご馳走になることになり、結局ほぼ毎日顔を合わせることになった。昔の恩返しだと言っていたけど、私はおばさんが両親に食費を渡していたのを知っている。うちの親も親で、それを真己の貯金としていたけど。最後はどっちつかずで両親が預かっていたと思ったが、親同士のことなのでよくわからない。
話を戻そう。バイトがある日と夕飯をご馳走になる日は、必ず部屋まで送ってくれた。ご飯を頂く日に仕事が抜けられない状態だと、私はしばらく待つことになる。一度レポートを書くために真己の部屋を借りたことがあったのだが、それがきっかけとなり段々と私の勉強道具が真己の机を占領していった。
近くだから大丈夫だと言っても、真己は頑として譲らなかった。確かに過去、目の前でナンパ事件があったので信憑性には欠ける。