8:君がいたから(完)

「ふっ、う……うう」

急に涙が溢れ出た。次々と零れる涙を、カードを持ったままの手で拭う。むせ返るように溢れる感情をもはや止めることは出来なかった。

私だけに向けられた優しさも、喜ばせようとしてくれたことも、幸せを願ってくれたことも全部そうなのだ。
そっと父に肩を抱かれ、耐え切れずに私は声を上げて泣いた。

「これ、小学生の時に約束したの。真己が幸福のクローバー潰しちゃったからって。真己のせいじゃないのに、先に見つけたこと悪いと思って、それで……」

後は何を言っているのか自分でもわからなかった。子供のように泣きじゃくる私の背中を、父は何も言わず優しく撫でてくれた。

私は真己に愛されていた。こんなにも、愛されていたんだ。
気が付かなくてごめんなさい。もっと愛せば良かった。もっと早くに気付けばよかった。
今じゃ遅い。今じゃもう──真己はいないんだから。

──……
突然目眩と共にどこかへ堕ちていく感覚がした。自分だけ空間が切り離されたような孤独と恐怖。真っ暗闇に裸同然で放り投げられ、ただただ不安を抱くだけの、そんな感覚。
この感覚は……あの時と同じだ。お骨を納めようとした、あの時と。
真己は背が高い方だったから、あんな壷に納まるわけない。
きっとあの骨は真己じゃないんだ。
そんなことを思ったあの時と。

だとしたら一体誰のなんだとか、一緒に見届けた棺は何だったのかとか、色んな矛盾を無視して出てきた考えに自分を納得させ、いざ箸を持った時だった。
カタカタと端からも見てわかるように、私は震えていた。
うっすらと笑みを浮かべながら……。

頭では真己じゃないと信じ込んでいるのに、骨を納めるという行動が死を認識させる。
やりたくない。
大丈夫、真己じゃない。
そんな葛藤が震えとなって表れたのだ。

カタカタカタカタ……
震えが止まらない。
真己がいないなんて実感は、これっぽっちもわかないのに。
ううん。これからもわかなくてもいい。そう思ってるのに。

怖かった。
怖くてたまらなかった。

またもゾクッと、強く体が震える。決して河原から吹く風の冷たさのせいではない。
私は誘われるように家を出て、思い出の河原にやってきていた。今はすっかり辺りが闇に包まれている。

「あ……」

シャララと音を立ててネックレスが手の中から零れ落ちた。慌ててしゃがみ込み、落ちた辺りを手探りする。

「菜々子、何してるんだ?」

頭の中で真己の声がこだまする。

「う……ぅ」

嗚咽が零れる。

「お、あったぞ」

固い四つ葉のクローバーが指先に触れた。
それをぎゅっと握りしめる。

「俺の幸せを半分分けるってことでいいだろ」

全然よくない。
半分くれるんでしょ?だったら、いなくならないでよ。
側にいてよ。
幸せにしてよ。

また菜々子って呼んでよ──

 

何かに祈るように、何かにすがるように、私はネックレスを握りしめていた。
爪が手のひらに突き刺さり、じんじんとする。
その痛みが妙に堪えて、真己を呼んだ。

 

返事は、ない。

これからも、私が真己を呼んで返事がくることは、ない。

 

「ごめんね、真己」

 

そして、きっと名前を呼ばれて幸せを感じることも、ない。

 

 

だって、もう恋はしない。

 

 

漠然と、そう思った──

END