演技と文章でコミュニケーション力を上げるサイト

恋愛ファンタジー小説|アザナカミ

夫に女性を意識してもらいたいなら、スカートをはきましょう

WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -
>webという特性を活かし、笑いと文章で世界を救うヒーロー。 彼女の書く小説は、彼女のクソな部分を多く曝け出したシリアスな内容が多いが、雑記となると一変して笑いを盛り込み、読んでいる人を楽しませている。 そのギャップにあなたは目が離せなくなるだろう。 >スーツアクターの浅井宏輔さんが超絶に好き過ぎて、語り始めるとそこら中に唾を飛ばしながら100mダッシュした後の勢いになるので危険。
詳しいプロフィールはこちら

今回はママさん向けですが、男性も頷ける内容です。

男性は単純。
褒め言葉ですよ^^

なので、夫に「女性として見て欲しい!」と思ったら、
子供と一緒に出かけるとしても、運動をする場所でない限り「スカート」をはきましょう。

普段、ママはスカートをはいて優雅にお茶会なんてできません。
てんやわんやです。
妄想する私の頭の中と一緒です。

子育ては忙しい。
スカートをはいていると行動に遅れが出るので、普段はズボンでいいです。
でも、旦那が一緒であれば、ちょっとくらいは子供の相手を任せられるので、その日ズボンは脱ぎ捨てて下さい。

なぜスカート?

それはですね、スカートをはくと「うんこ座り」しないのと一緒です。
スカートでうんこ座りしたら、はしたない!ですよ。丸見えです。
ちらっと見えちゃうなら興奮ですけど、丸見えはダメです。

何の話ですか?

スカートをはくと、仕草が女性っぽくなります。
大股でガシガシ歩きません。

つまり、女らしくなるのです。
夫に女性を意識してもらいたいなら「女らしく」することが一番ですよ^^

この記事を書いている人 - WRITER -
>webという特性を活かし、笑いと文章で世界を救うヒーロー。 彼女の書く小説は、彼女のクソな部分を多く曝け出したシリアスな内容が多いが、雑記となると一変して笑いを盛り込み、読んでいる人を楽しませている。 そのギャップにあなたは目が離せなくなるだろう。 >スーツアクターの浅井宏輔さんが超絶に好き過ぎて、語り始めるとそこら中に唾を飛ばしながら100mダッシュした後の勢いになるので危険。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク









Copyright© 笑いと文章で世界を救う!ライジング橘右近 , 2016 All Rights Reserved.