自分には何もないと思っているあなた!私がおもしろエロく教えてあげるよ♪

恋愛ファンタジー小説|あなたの生きる意味は必ずあるよ―Protect characters―

私は死ぬことよりも、何も残せなかったことの方が怖い

WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -
>webという特性を活かし、笑いと文章で世界を救うヒーロー。 彼女の書く小説は、彼女のクソな部分を多く曝け出したシリアスな内容が多いが、雑記となると一変して笑いを盛り込み、読んでいる人を楽しませている。 そのギャップにあなたは目が離せなくなるだろう。 >スーツアクターの浅井宏輔さんが超絶に好き過ぎて、語り始めるとそこら中に唾を飛ばしながら100mダッシュした後の勢いになるので危険。
詳しいプロフィールはこちら

また夢を見た。

昨日のことが思い出せない夢だ。

昔からたまにこの夢を見るのだが、あまり気分の上がることではないので、見たくない。だから理由を考える。
きっと私は、焦燥感にかられているのだろう。

それこそ、相方の左近ちゃんと出会ってから、約4年がたったころだと思う。
この時の記憶があやふやなので定かではないけど、自分のために小説を書いていた時だった。

「右近ちゃんは、生き急いでるように感じて、何だか心配」

と手紙で言われた。

 

なんだか、衝撃だった。

 

それこそ、本当に25年くらい経っているけど、
私は中学1年生の時から、自分は長生きできないと思っていた。

50歳くらいで死にそうだな、と漠然と思っていたのだ。

この時に感じたことと、今と、さほど変わっていないのがタイトルにもあったこと。

 

私は死ぬことよりも、死ぬ時に何も残せなかったことの方が怖い

 

自分が生きてたことを、誰かに覚えてもらいたいのかもしれない。
でも今は子供達がいるということもあって、理由がプラスされた。

未来を生きる人達にとって、ちょっとした『生きる攻略本』を残したい。

多分、こんな想いがあるのは男性に多いと思う。(遺伝子を残す力が強いってことで)
だから、きっと何か通ずるものがあるだろう。

 

自分のために書いた小説。
それは一度完成しているから、それでいいと思っていた。

だけど、今になって伝えたいことがもっと増えた。

なので、新作として伝えたいことを加え、書き始めた。

今度は自分のためでなく、人のために。

 

「もし●●だったら?」という仮定で残す方法を考えたこともある。

「もし、目が見えなかったら?」──音声で残そう
「もし、耳が聞こえなかったら?」──文章で残そう
「もし、文章ではわかりにくかったら?」──ゲームにしたら楽しそう

そんな「もしも」を実践したこともある。
これからやろうと思うこともある。

だけど、それより何より、一番先にやらなければならないことは「伝えたいことを書き遺すということ。

 

今の私はこの使命をまっとうしたいがために、焦燥感にかられているのだろう。
50歳を過ぎても生きていたら、ラッキーと思おう。きっと私のことだから、また楽しいことを見つけている。

とにかく、今できることを。

相変わらず生き急いでるけど、「がむしゃらに生きたなぁ」という満足感の方が強くて楽しい。

私の中での生きるキーワード「楽しい」

私は根っからの愉快な人である。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
>webという特性を活かし、笑いと文章で世界を救うヒーロー。 彼女の書く小説は、彼女のクソな部分を多く曝け出したシリアスな内容が多いが、雑記となると一変して笑いを盛り込み、読んでいる人を楽しませている。 そのギャップにあなたは目が離せなくなるだろう。 >スーツアクターの浅井宏輔さんが超絶に好き過ぎて、語り始めるとそこら中に唾を飛ばしながら100mダッシュした後の勢いになるので危険。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク




スポンサーリンク






- Comments -

Copyright© 笑いで世界を救う!バナワールド , 2018 All Rights Reserved.