私の妄想の鍋パーティーに招待しよう #ぶろぐのぶ


やったことのない鍋がしたい。

ということで、バーベキューで鍋をしようと思う。

ザ・アウトドア鍋

カナモさんと野生鍋

誰?カナモさんて?と思った人は、まだまだ私のことを知らない。ふふ。

笑いのセンスが私のドツボにハマる記事を書く、アウトドアな「世捨て人カナモ」。

記事の最後に紹介するわね。

 

バーベキューで鍋って出来るのかしら?カナモさんに全てお任せ!アウトドア鍋

準備するもの

  • 野菜
  • キノコ
  • カメラ

 

ここで注意して欲しいのがキノコ。

これはいくら野生的にと言っても、そこら辺に生えているキノコを食べてはいけない。

ダメって言ったらダメ。問答無用でダメ。

理由は下部の※1に書くわ。

 

なぜカメラ?

それはね、私がすることといったら、野生カナモさんを撮影することのみだから!

何も出来ない…ソーリー。

 

さあ、カナモさん。思いっきりいっちゃって。野生解放。

カメラ越しに、その勇姿を笑いをこらえて見ているわ。←ひどい人

 

そもそもバーベキュー用の網やら何やらで、鍋って出来るのかしら?

まあ、妄想だから何でもいけるわね。

妄想を中断してはいけないわ。

きっとカナモさんは、私のリクエストに応えて、このくっそ寒い中、半裸で頑張ってくれているから。

鳥肌がいい感じにスモークされて、かぶりつくかもしれないわ。

撮影そっちのけだわね。

 

そんな感じでアハハうふふしていたら夜になっちゃった。

夜のアウトドアの醍醐味といったら「キャンプファイヤー」

キャンプファイヤーで、また更にアハハうふふキャッキャッしちゃって、シメは男女ペアになって暖め合うってか。にくいね!

 

……カナモさん、すみません。

キャンプファイヤーという、ロマンをぶち壊してごめんなさい。

シメがエロくなってしまうので、アウトドア鍋はやめて違う鍋にしよう。

 

 

広告

そうだ、土手鍋にしよう

野生解放といえばジュウオウジャー。ジュウオウジャーと言ったら浅井さん。

で、大好きな浅井さんつながりから、土手鍋にしよう。

 

なぜって?

浅井さんは愛知県出身だから!

以上!!

 

愛知といえば土手鍋のイメージが強い。

今の私が求めていることにピッタリ♡

しかし、私は人生で一度しか食べたことがない。

 

ここは、せっかくなので浅井さんが食べてきた家庭の味を堪能したい!

これは私が変態だからではない。ストーカーなわけでもない。

愛が抑えきれないだけだ。

 

準備するものはこちら

  • 味噌
  • 野菜とか使われていた具材
  • サイゲン大介のギャラ

 

サイゲン大介に浅井さんちの土手鍋を食べてきてもらい、それを再現してもらう!頼んだ、サイゲン大介!!

私は、峰 筋子(みね すじこ)となって不二子ちゃんを再現しようではないか。

 

不二子ちゃんなら、あのバディ。

んー、それにはウチの長男が愛用している「もち枕」が必要だわ。

あまりの柔らかさに奪われてしまった「もち枕」

やっぱり男子たるもの、あの柔らかさは恋しいのね。

 

この「もち枕」を胸とお尻にくっつけてサラシを巻けばよさそう。

ん?待て待て。

筋子だから、もち枕いらないんじゃない?

いっそのこと、枕なしでサラシを巻けばいいんじゃない?

 

すげー。

女子の魅力を全部削ぎ落としてる。

でも、これならシメにアハハうふふしなくてすむわね。

 

シメはなんといっても米!

スープご飯流行ってるし、いいんでない?

 

……ちょっと待って。

よくよく考えたら、これ

 

超豪華なねこまんまじゃん!!

 

 

はい、おあとがよろしいようでw

 

ねこまんま

白米に味噌汁をかけたご飯=昭和の猫が食べていたとされる猫のエサ

 

◆※1:キノコの話が気になった方&カナモさんを知りたい方へ。オススメの記事

 

◆今回の記事について

#ぶろぐのぶ

今回は、「#ぶろぐのぶ」というお題に沿った記事を書きました!

11月は「味・鍋・家」です^^

 

 

読んでくれて戦キューヾ(*´▽`*)マタネー♪

 

こんな記事も読まれてます!



この記事を書いた人

橘 右近
見た目は真面目、中身変態なブロガー。演技について熱く語りたい声優兼小説家でもある。
スーツアクターの浅井宏輔さんと藤井祐伍さんが好き過ぎて、ヒーローものを見ただけで興奮する。時に菩薩のような顔をしながら下ネタも熱く語る。
>>>詳しいプロフィールはこちら

応援よろしくお願いします♪

ブロガー達が本気で集客と収益について考えるグループ【マジcom!】

どうして、色んなコミュニティに入って、その人のやり方を真似して頑張っているのに、収益が上がらないんだろう?

自分の成功例は、自分で作らないといけません。

人の成功例は、あくまでも「その人だから」できたんです。

色んな人の意見を取り入れ、実行するのは素晴らしいことです。

今度はその色々な選択肢を、自分に合うようにしぼってオリジナルの成功例を作らないといけません。

私のコミュニティは、人の意見を聞き、自分の意見を出すことで成功例を見つけていきます。

自分が動かないと、何も変わりません。

ちょっとでも気になったあなたへ。

まずは、私の熱い想いを聞いて下さい。

コメントを残す