ネット声優とプロの声優との違い


そもそも、声優とネット声優って何が違うの?と思ったとき、シンプルに言えば、

 

◆プロダクションに所属してるか

◆個人で仕事をとるか

 

の違いだと思っています。

プロダクションに所属すれば、仕事をとってくる人がいたり、有名になりやすいというメリットがありますよね。

仕事もプロダクションに所属している方がチャンスが多い。オーディションの情報収集に長けているという点です。

やっぱりネット声優で何が一番辛いかというと、仕事の取り方だと思います。

あとは、有名になりにくいとか。

 

もう一つ、ネット声優と聞くと、声優ですと言うよりも印象はだいぶ悪い。

個人の趣味の延長でしょ?とか、どうせ素人に毛が生えた程度でしょ?とか。

今、プロダクションに入って活躍している声優さんだって、最初は素人に毛が生えた程度だったということを忘れている。

すぐにプロ扱いされるというのは、メリットでもあり、デメリットでもある。

 

確かに趣味の延長になっている人もいるだろうけど、指をくわえて羨ましさから批判だけをする人と比べたら、活動している人の方が、うんと偉い。

今は、ネットからフリーで活躍している声優さんだっているし、もちろんプロダクションに行けた人もいる。

逆にプロダクション所属していた声優さんがフリーになることだってある。

私も大好きで、今や社会現象になっている『おそ松さん』の十四松役の小野大輔さんだって、フリーの声優さんになったし。

 

ネットでも何でも、そこからデビューして仕事として活動すれば立派な『プロ』。

ネット声優=フリーで活躍する声優という位置付けになるように、自分のデビューも含め頑張りたい。

 

 

 

こんな記事も読まれてます!



この記事を書いた人

橘 右近
見た目は真面目、中身変態なブロガー。演技について熱く語りたい声優兼小説家でもある。
スーツアクターの浅井宏輔さんと藤井祐伍さんが好き過ぎて、ヒーローものを見ただけで興奮する。時に菩薩のような顔をしながら下ネタも熱く語る。
>>>詳しいプロフィールはこちら

応援よろしくお願いします♪

ブロガー達が本気で集客と収益について考えるグループ【マジcom!】

どうして、色んなコミュニティに入って、その人のやり方を真似して頑張っているのに、収益が上がらないんだろう?

自分の成功例は、自分で作らないといけません。

人の成功例は、あくまでも「その人だから」できたんです。

色んな人の意見を取り入れ、実行するのは素晴らしいことです。

今度はその色々な選択肢を、自分に合うようにしぼってオリジナルの成功例を作らないといけません。

私のコミュニティは、人の意見を聞き、自分の意見を出すことで成功例を見つけていきます。

自分が動かないと、何も変わりません。

ちょっとでも気になったあなたへ。

まずは、私の熱い想いを聞いて下さい。