LPなし!メルマガなし!でもグループに集客できたのは、やっぱり個性のおかげだと思う。

 

タイトルにもあるように、LPもなけりゃメルマガも発行してないのに、

私が運営する個性解放のコミュニティ【橘右近とカラミ隊】に、2017年3月1日現在で14人に入ってもらえました。

運営開始は同年の2月1日だったから、ちょうど一ヶ月。2月だけどね。

 

コミュニティ開始直後も、イベントやらどうやって盛り上げていこうか?など、

ほぼ何も決まっていませんでした。

最初は、「私の好きな戦隊もので話ができればなぁ。その人自身の趣味で何か盛り上がれたらいいなぁ」くらいしか考えていませんでした。

 

LPもなけりゃ、メルマガも停止してたし、コミュニティ専用のサイトもないという、ないないづくし。

そんな中で、Facebookのコミュニティグループを作りました。

でも、何とかなったんです。

 

もちろん、集客のための知識や手法はあればいいです。知っていれば選択肢が増えるので。

私がお話しするのも、専門的なお話ではなく、

こんなに『ないないづくし』の私でも、今は楽しくコミュニティの運営しているよ!そのやってきたことを伝えるね!

って話です。

 

もう一度いいますが、専門的な知識や手法は知っていた方がいいです。

ただ、私には致命的な弱点があったので、知識や手法を得ても役に立てることが出来なかったんです。

 

 

ペルソナ(ターゲットとなる人)を考え、悩みを考え、解決法を考えに考えても、どうしても腑に落ちなかった

というのもですね、結局のところ「私が伝えたいこと」にどうしても行きついてしまうんです。

キャラ設定も得意です。

心情を読み解くのも、結構得意です。

 

でも、悩みのすんごい深い部分では、

自分が経験してきたことが土台となるので、

その時の他の悩みっていうのがわからないんです。

 

だから、

「自分の経験談を話して!こんな時どうした?」という話ならできるんだけど、

「こんな時、私(ペルソナ)はどうしたらいいの?」というのがわからない。

その人が何を感じて、どの結果を求めて「どうしたらいいのか?」と言ってるのかがわからない。

 

それで色々な解決策を探していると、ペルソナがずれたり、今何について考えてたんだっけ?となってしまうんです。

多分ね、うまく整理整頓できないタイプなんですね私。わっはっはっは。

 

で、最終的に「本当に相手が求めているのは、これじゃないのかも?」と思ってしまって、思いついた案を捨ててしまうんです。

これは、小学生時代の図工の先生とのやりとりが原因かもしれませんねー。

 

空回りするくらいだったら、相手に直接悩みを聞きたい。

そして、できるアドバイスをして、一緒に解決したい。

友達と楽しくわいわい交流をもちたい。

 

だから、私はこんな奴だけど、何か聞きたいことあったら聞いてー!

楽しそうだから友達になりたいって人、声かけてー!

ってな感じで自分を見せて、友達になってくれたり興味をもってくれた人と交流がもてるようにと、

先にコミュニティグループを作りました。あは

 

コミュニティの流れを乱さないように、その都度柔軟な対応をしていけば問題なし!そんな勢いでした。

本来は、ちゃんとペルソナを設定して、サービスのコンセプトを考えて、料金設定したり、コンテンツ内容考えたり、LP作ったりメルマガ発行したり・・・っていう大切な決め事があります。

ただ、私にはやってみたけど、どうしても腑に落ちなかったので、できませんでした。

 

では、コミュニティの流れと共に、私がしたことや考えなどをお話します。

 

 

1.まず最初にやったのは、超仲のいい友達に声をかけること

絶対入ってくれるだろうと確信のもてる友達数人に声をかけました。

趣味で盛り上がるグループというコンセプトのみしかなかったのに、声をかけました。

その人達ならアイディアもらえると思ったし、単純に私のことを好きでいてくれてるとわかっていたのでw

 

「コミュニティ」なんだから、一緒にグループを盛り上げていければいい。

私の趣味に詳しくなくても、話を聞いてくれる。友達だから。友達が「好きなことを話している」から聞く。

そんな友達想いの人達だから、安心して声をかけられました。

 

つまり、信頼している友達が一人でも入ってくれれば、何とかなるってことです。

そこから「自分とは違う考え」を聞けるわけだから、友達に喜んでもらえるようなことを考えれば、それに共感した人が興味をもってくれて、さらに考えの幅が広がる。そうしてどんどん人の輪が広がっていくんです。

 

 

 

2.自己紹介が盛り上がり、その勢いにのってFacebook内でコミュニティグループをシェアした。

数人のお友達は、自己紹介でコミュニティをすんごく盛り上げてくれました。

その盛り上がり方を見て「これはイケる!!」と直感が働き、自分のタイムラインにグループの存在をシェアしたんです。

一時期離れていたSNSにも、積極的に投稿するようにしたり、自分が楽しいと思える範囲でSNSを活用して行きました。

 

そこからまたお友達が入ってくれたり、私がこれから仲良くしたいと思う友達に声をかけたり。

この時点で8人集まり、小躍りしてました。

 

ここでコンセプト変更

メンバーが8人になると、趣味で盛り上がるだけではもったいないと思いました。

せっかく知り合えたんだし、その人の魅力を伝えたり、仕事やサービスが人から人へとつなげることはできないか?と。

コミュニティなんだし。

 

そこに、ブログ仲間から私のいいところとして

  • 『人の心にスッと入っていける』
  • 『人のいいところを見つけるのがうまい』

と褒めてもらえたので、

「よし!メンバーの個性を引き出せるコミュニティにしよう!」

 

勢いにのって、コンセプトが決定しました。

人とのつながりは、マジでありがたい。

ここら辺で、今後のイベントなどについてアンケートを多くとるようになりました

 

 

3.最初のイベントは「個性解放」という名の雑談会

目的は『皆の個性を知りたかったから』でした。

でも話していく中で、メンバーの一人である個性の塊カナモちゃんの個性の出し方を知り、これは皆に聞かせてあげたい!と興奮した私は、対談イベントをお願いしました。

イベントのタイトルは

【SNSで印象に残るコメントをする方法】

めっちゃ気になるでしょ?

これをFacebookのイベントで立ち上げ、シェアと招待をしました。

 

 

4.だけど、失敗に終わる…

ええ、失敗してしまったんです。

カナモちゃんが話してくれた

  • 『なぜSNSで印象に残るコメントをする必要があるのか?』
  • 『コメントには2つの方法がある』

という貴重な話はできたものの、じゃあ私達が実際に誰かの記事にコメントしよう!ってな時にブツッ…。

 

私の回線不良により、通信が切断してしまいました。

そして一向に回復する見込みがないので、対談の続きは後日ということで終了。

 

ホントに、時間を作って参加してくれた人達、何より快く協力してくれたカナモちゃんに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

 

その日の内に音声付き文書を配布

とにかく、カナモちゃんの話はちゃんと形にしたい!と思い、音声ファイルにして参加者と興味ありの人達全員にお詫びとして配布しよう!と思ったんです。

動画の私の音声は回線不良の影響からか、とてもじゃないけど聞けたものではなかったので、カナモちゃんの音声を抜き出し、私のコメント方法は文書にしてまとめ、その日の内に何とか配布できました。

参加者の皆さんもカナモちゃんも少しも怒ることなく、反対に感謝の言葉を私にくれました。

皆ラブ。ありがとう。

 

そして、実際にコメントしてもらいたい人を参加者から募集した

私のコメントの仕方のみになってしまいましたが、実際にコメントして欲しい!という人を募集しました。

そして、後日、実際にどうやってコメントしているか?ということを動画にとり、グループ内でシェアをしたんです。

 

失敗しても、その時の自分にできる精一杯のことをすれば大丈夫。

私の周りの人達は、人のミスをねちねちとつつくようなタイプではないということもあると思うけど、

こんなことを教えてもらいました。

 

失敗しても、大丈夫。

 

 

5.我がブログの師匠JUNICHIさんの運営するブログスクール内で宣伝をする

何か、自分にとってプラスになりそうなことは、とにかく食いつきます。

私のモットーの一つに「やってないのに文句言わない」というのがありまして、まだ経験したことのない未知の世界を、まるで経験したかのように批評するってのが、気に食わないんですよ。

例えば、

屋台のラーメンを食べたことないのに、「屋台のラーメンて、不味そうなイメージする~」とか言っちゃう人にイラッとしちゃいます。多分すぐさま反論します。「じゃあ、食ってこいやああぁっ!!食ってから批評しろやああぁぁあっ!!」と。

そんな感じ。

 

話がズレましたが、

「とにかくやってみる」

これを大事にしています。

 

この時点でもまだLPもメルマガも発行していないので、宣伝は『コミュニティのコンセプト』や『なぜそのコミュニティにしたの?』ってことを話しました

おかげさまで、3人の方に入ってもらうことができました。

 

 

6.失敗した対談イベントのフォローから、添削イベントをした

先程お話した、実際に私がコメントをしている動画を公開した時に、少しだけ記事に対してアドバイスをしたんです。

「ここをこうするともっといいかも」って。

そうしたら、そのメンバーが喜んでくれたので、「もしや?」と思い声をかけてみました。

 

「記事添削って、されたいですか?」

 

私はライターでもないし、文章を面白く見せる技術も持っていません。私自身、ただノリと勢いで書いているところがあるので、添削なんて大それたことは私にできないって思ってたんです。

ただ、感想を伝えること、個性を教えてもらうことはできる!と思ったので、そんな感じのアドバイスでよければとお伝えしたところ、「よろしくお願いします!」とのお返事。

いやー、めちゃくちゃ嬉しかったですね。

 

なので、全力で添削させてもらいました!!

 

そうしたら、その添削動画を見てくれた人がコミュニティに入ってくれたんです。

友達に喜んでもらいたいとした行動が、他の人の心にも響くんです。

 

なんというか、自分がしたいと思ってする行動と、相手が喜んでくれるといいなと思ってした行動の違いを、ここに見た気がしました。

 

私が腑に落ちなかったのは、いくら一生懸命考えても「自分がしたいこと」になってしまっているのではないか?と思ってしまい、

  • 本当に相手が喜ぶことなのか?
  • 独りよがりになってないか?
  • この人は、これで本当に欲しい未来が得られるのか?

という堂々巡りをしていました。

 

だから、悩みを知りたかったら直接聞こう!と思い、コミュニティの中身が定まらないまま公開という手段をとりました。

もうね、いくら考えても抜け出せない!と思った。私にこの方法は向いてないんだって思いましたよ。アホなんで私w

 

でも、結局自分が今までしてきたことや信念で、何とかなります

自分の個性を見せることで、友達も私がどんな人間か?を知ってくれるし、仲良くしたいなって思ってくれる。

他の人の個性を知ることで、自分の世界観も広がるし、人が人をつないでくれる。

 

LPやメルマガがなくたって、個性があれば人はつながることができる。

 

でも、LPやメルマガはあった方が断然いいですよ!!w

 

 

現時点でのコミュニティはこんな感じ

①メンバーは14人(私を入れて15人)

②イベントは4つ

  • 対談
  • 記事添削
  • 皆で同じテーマで一斉に記事を書こう!
  • 一つのキャラになりきって、記事を書いてみよう!

 

③ブロガーは、記事更新の報告ができる

④自身のサービスを思う存分アピールできる

⑤特設サイトがある(近日公開)

 

コミュニティのコンセプトは「個性を引き出すこと」

イベントも全て、個性をお互いに見せ、褒め、伸ばそう(解放させよう)ということを目的としています。(私だけかもw)

都合でイベント参加できないメンバーには、イベント動画を見てもらい独自に楽しんでもらえるようにしようとフォローに力を入れています。

そのために特設サイトを作りました!

 

今後のコミュニティ

  1. イベントはアンケート方式で決めて、盛りだくさんでいきたい。
  2. 参加できないメンバーもフォローする。
  3. 20名を超えたら有料化する。(3月2日時点で残り6人)
  4. 20名超えてなくても、4月1日からは月額制の有料コミュニティにする。(3月で有料化する場合は3,900円、4月からは4,800円を予定)
  5. コミュニティだから、メンバーと楽しく深く交流していきたい!!!

 

さあ、私もLPちゃんと作ろう!!

 

個性を引き出すコミュニティ【橘右近とカラミ隊】

どんな様子かを知りたいなら、以下の画像をクリック↓↓

 

ではでは、読んでくれて戦キューヾ(*´▽`*)マタネー♪

 

 

ブロガーのためのコミュニティ【橘右近とカラミ隊】



インターネットやSNSが多く活用される現代で、多くの人の印象に残るためには、やっぱり個性が必要!!

あなたもブログやSNSにうまく個性を出して、皆に興味をもってもらえるようになりませんか?

このコミュニティでは、メンバーが【楽しいこと・好きなこと・下ネタ】をテーマに投稿できるブログがあります!!息抜きにも練習としてでも、自分のブログへのリンクとしても、メンバーなら無料で利用できます。

応援よろしくお願いします♪