人気小説投稿サイトを比較! オススメの3サイトも紹介します

ブログで強烈なファンを作る

数多くある投稿サイトですが、実際に私が利用してみた感想と共にそれぞれの特徴を紹介します。

その他にも投稿サイトでの人気の集め方や、オススメの3サイトもお伝えしますね。

小説家になろう

なんといっても作品数の多さと、自サイトとの併用公開にほとんど制限がないところですね。
一番初めにどこに投稿しよう?と考えた時に真っ先に思い浮かぶサイトでもあります。私も最初に登録しました。

小説家になろうで開かれるイベントにも簡単に参加することができ、初心者さんや本当に「読みやすい」「書きやすい」ということを第一としているのなら、ここだけでもいいと思います。(慣れてきたら他の投稿サイトでも公開するとか)

やはり男性には『ファンタジー』、女性には『恋愛』のジャンルがトップです。
その中でも転生モノが流行っているというか人気のようですが、まず書きたい気持ちを優先して下さい。
そんなに人気ジャンルから離れることもないですしね。

アクセス解析も前日と当日であれば時間別にも見られることができ、私はイチオシです!

特徴

  • 読者層は30代がメイン(20~40代)
  • 異世界転生ものが流行っている
  • トピックスに表示される順番が
    • 新着短編作品
    • 完結した連載小説
    • 更新された連載小説

    であることから、読まれやすいのは『短編』である

  • 10代の利用者は比較的少ないので、あまり刺激的でなくてもティーンズ向けの文章でなくても、読まれる可能性がある。(理性が発達しているので、本当はこんな人生を歩みたかったなという転生ものが流行ったり、自分が読みたかった作品が書かれる傾向が強い

ナイスなとこ

  • ルビが振りやすい(ワードで書いたものをコピペすると、ルビは( )表示になるのですが、「なろう」ではそのままでもルビがふってあります。これが、地味だけどとてつもなく便利)
  • 挿絵も文章(話)の途中で入れられる
  • アクセス解析がついている(昨日今日のものなら時間ごとに見られる)
  • シンプルな作りなので読みやすいし、パソコンでもスマホでも一番集中できる文字の大きさや間隔・表示になっている

テンション下がるとこ

  • ちょっとだけ挿絵を入れるのに手間がかかる(別サイトに登録しないといけない。自サイトでは簡単に挿入や画像サイズの変更ができるけど、それができない)
  • 母体数が母体数なので、読まれるための工夫が他の投稿サイトよりも断トツで難しい

小説家になろう

E★エブリスタ

こちらは、一話ごと販売ができるシステムがあります。
サイト内だけで使える『図書券(有料)』というものがあり、「それを利用して読んで下さいね=続きを読むには有料の券が何枚か必要ですよ」と販売することができます。(一話40~120円と設定可能

ページを切り売りということで、最初章ごとに販売できるのかと思っていたのですが、どうやらそうではなく『話』ごとのようです。

短編作品なら、全体を『話』として公開し、何ページ目から(第何章から)●●円で販売できるということですね。

もう一つ魅力的なのが『書籍化デビュー』

書籍化されている作品が多数あることから、期待値もやる気も上がりますよね。

あとは(賞金付きの)イベントの多さは群を抜いてこちらがトップです。

特徴

  • 読者層は10代が多い
  • ホラー系・暴力系が流行っている(女性には断トツで恋愛は変わらない)
  • 有料制にできる
  • 文章もわかりやすい文体であること、テンションが上がる・スピードが速い・刺激されやすいジャンルなど、ティーンズ向けにした内容がウケる
  • 連載中である、500文字程度を毎日更新した方が読まれやすい

ナイスなとこ

  • 簡単に有料制に出来る
  • 簡易的な(一日の数字だけの)アクセス解析がついている
  • イベントの数がハンパない

テンション下がるとこ

  • 挿絵にも1ページ使ってしまうので、パソコンでの表示がとんでもないことになる
  • もう少し有料制の説明をわかりやすくして欲しい(例を見せて欲しかった)
  • 連載中の方がウケるので、細切れアップが効果的だけど、その分時間が気になり、手間もかかる

E★エブリスタ

アルファポリス

こちらは何と言っても、24時間分の累計ポイントが1500以上であれば、書籍化の申請ができるということですね。

ただし、めちゃくちゃ大変ですけど。ちょっとした裏技は、毎日少しずつ更新するよりも、30000文字くらいを一気に投稿した方がポイントを獲得しやすいです。私は15000文字の短編を一気に公開しましたが、こちらの方が連載で23000文字を超えている作品よりも読まれています。

もう一つは【投稿インセンティブ】という制度。説明を引用しますと、

アルファポリスで作品(小説・漫画)を投稿すると、その作品の人気度などに応じて月単位でスコアが付与されます。
貯まったスコアは、一定数以上で特典(アルファコインや各種商品ギフトコード、現金)と交換することができます。

作家さんの小説・漫画の投稿活動の支援を目的として、ちょっとしたお小遣いがもらえるよみたいなイメージです。
ですが、こちらも読まれないことには(ポイントが反映してると予想)スコアはたまりません。

特徴

  • 女性向けのファンタジーが他と比べて多い(書籍化)
  • ちょっとした収入が得られる可能性がある。独自の投稿インセンティブがある
  • 24時間のポイント制で1500ポイント以上だと、書籍化への申請ができる(あくまでも申請。確定ではない)
  • 20000文字以上を一気に公開した後、1000文字程度を毎日公開すれば、何とかなりそう(まだ検証中)

ナイスなとこ

  • 投稿インセンティブ
  • 書籍化申請ができる

テンション下がるとこ

  • ルビがクソめんどくさい
  • パソコンでの表示が若干ダサい(スマホはいい)
  • 24時間1500ポイントにすることが目的となって、気になりすぎて本編が進まない

アルファポリス

ベリーズカフェ

女性読者さんをターゲットとしているなら、ここに登録しましょう。かつて、私も恋愛小説を置いていました。
ですが、ライトノベルの作風がどうしても合わずに退会。
私自身が男性思考型女子なので、恋愛重視のストーリーというものが苦手で、かつ、私のターゲットとしている読者さんは男性なのでこちらは登録のみで終わっています。

(2018/04/14追記)
試しに女性の利用者が多いという特性にのっかってみようと、恋愛小説をこちらで公開してみました。

別の記事にも書きましたが、R18作品を公開してみたところかなりの方に読んでもらえました。(画像は20時間分)

例え年齢制限がある作品でも、女性ばかりの場所なら公開するのにも抵抗ありませんしね。

特徴

  • 圧倒的に女性ユーザーが多い
  • ちょっとしたR18作品ならOK
  • 完結作品が好まれる
  • やっぱり恋愛メイン

ナイスなとこ

  • 読者さんもほぼ女性なので、繰り返し読んでくれる人が男性読者さんが集まるサイトと比べて断トツにいい!
  • 女性の口コミ力にあやかりたいなら外せない
  • 姉妹サイトの『野いちご』と違って、読者層が20代~40代のお姉さま方が多い

同じ作品(R18)を、同時期に「小説家になろう」とこちらのサイトで公開してみたところ、読者さんの数が圧倒的に「なろう」が多いにも関わらず、繰り返し読んでくれているのは女性読者さんであることがわかりました。

『小説家になろう』では13,612PV

ベリーズカフェなら15,367PVでした

あれですね、男性は結果がわかると興味なくなるけど、女性は感覚を思い出すことができるので同じものでも「気持ちいい」という状態になれれば繰り返すってことですね。

テンション下がるとこ

  • ルビがふれない(かなり私には痛い)
  • アクセス解析がない(女性は分析することが苦手な人が多いから、ニーズに合わないのだと思う)
  • 挿絵も入れられない

ベリーズカフェ

マグネット

比較的新しい投稿サイトです。
サイトキャラや世界観(コンセプト)があり、他の投稿サイトとはその辺りがいい意味で異色です。
どことなく『アニメイト』のような香りがします。

人が多く集まる大手で読まれる作品を書くか、小規模でもそこで人気作家を目指すか、はたまた書きたいから書く! それで満足だ! とするのか。

私も少し公開していますが、イベントの数が多すぎて挫折しました。
面白いイベントでも、頻繁にあると追い込まれるというか焦らされる感覚があります。(個人的意見)

特徴

  • 「磁界」や「磁力」などオリジナルの要素がある
  • ライトノベルが好きな若者が多い(メインの作家さんは10~20代)
  • 新しいサイトなので交流が盛んで読んでもらいやすい(大手よりも)

ナイスなとこ

  • 管理画面がシンプルなのに見やすいので、執筆もしやすい※重要ですね
  • ルビ・傍点・挿絵が入れやすい,注釈もつけられる
  • サイトキャラがかわいい、世界観がある

テンション下がるとこ

  • 「磁界」などの特殊な仕組みを理解する必要がある
  • まだまだ若手なので大手にのまれやすい・・・・・・かも

マグネット

販売となると、問い合わせておいた方がいい投稿サイト

販売となると、問い合わせておいた方がいい投稿サイト

カクヨム

あの大手出版社KADOKAWAさんが、「はてなブログ」や「はてなブックマーク」などで有名な「はてな」さんとコラボ運用している投稿サイトです。

大手出版会社ということもあり、コンテストの賞金が高いですね。

ただ私は、自サイトでの展開を考えているので登録や投稿はしていません。他での販売を考えていない場合は、投稿するのにオススメです。
(はてなとKADOKAWAだし!!)

カクヨム

comico

漫画投稿サイトで有名です。ReLifeリライフは映画化もアニメ化もされて留まるところを知らないってな勢いですし。

気軽に投稿できるし、小説の会話文をLINEのように吹き出し風に見せたのもcomicoさんが初めてではないか?と印象をもっています。あれは衝撃的だった。

普通の小説のようなスタイルにもできますが、吹き出し形式も若い人にはウケると思います。

あとは、何よりスタッフさんの対応が優しくて素敵でした!!!

comico

投稿サイトで一番効果的と思われる見せ方

投稿サイトで一番効果的と思われる見せ方
  1. 最初は10000文字以上(できれば20000文字以上)を一気に投稿
  2. それからは、700~1200文字程度を毎日更新する

というのも、投稿サイトで小説を読む人は、圧倒的にスマホだからです。

手軽に・そして隙間時間に読める、そして感動できることを重要視しています。
私も、投稿サイトでは毎日更新して、こちらの自サイトでは話ごとにまとめて公開していこうと思います。
既に有名なら日にちがあいてもファンは待っててくれますが、無名の新人は流れが早い分、忘れられるのも早いです。
狙うは習慣化してもらうこと』です。

特にエブリスタでは、少量を毎日更新がかなり有効です!

オススメする3サイト

この3つです。

特に、カクヨムは無料で始められるブログ「はてブ」との相性が抜群ですので、ブログでの公開も考えている人にはいいと思います。

やはり集客を自分で0から始めるのと、既に集客は完了しているところとでは差が大きいです。

投稿サイトは他の作家さんや読者さんとの交流もかなり重要になってきますが、集客を考えるよりも交流する方を選ぶ! という方には向いています。