演技と文章でコミュニケーション力を上げるサイト

恋愛ファンタジー小説|アザナカミ

だから、おネエって大好きなのよ!

WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -
>webという特性を活かし、笑いと文章で世界を救うヒーロー。 彼女の書く小説は、彼女のクソな部分を多く曝け出したシリアスな内容が多いが、雑記となると一変して笑いを盛り込み、読んでいる人を楽しませている。 そのギャップにあなたは目が離せなくなるだろう。 >スーツアクターの浅井宏輔さんが超絶に好き過ぎて、語り始めるとそこら中に唾を飛ばしながら100mダッシュした後の勢いになるので危険。
詳しいプロフィールはこちら

あー、だめだ。お腹痛い。

笑い過ぎて、ほっぺの筋肉と腹筋が痛い。

また筋肉というフレーズを言ってしまった・・・どうも!橘です。

 

今ですね、ちょっとまとまった自由時間が出来たもので、お友達のブログを徘徊していたんですよ。

そこで世良さんの恋愛まとめ記事

【恋愛心理学まとめ】奥手女性のための恋の悩み相談室、恋愛本からセックスまで

にあった、恋愛本の紹介記事があったんですね。

 

で、恋愛についても語りたい私としては、色んな恋愛本を読んで、自分に合う・合わない両方の考えを取り入れたくて、これはいい勉強になりそうだ!と記事を読み続けていました。

 

あ、なんで合う合わない両方取り入れたいかというと、理由を把握するためです。

なんでこの考え方は好きなんだろう?とか、逆に「あー無理」と思うかを知りたいから。

ホントに私って興味あることには突き進む研究者タイプ。でも新しい物好き(笑)

 

それで、読み続けていく内に引っかかった『おネエ』という言葉。

 

おネエって、自分の個性を全開して伝えてるところが大好きなんです。

自分をさらけ出すって勇気いりますよ~。

私もおそ松さん好きで、筋肉好きで、うんたらかんたらとか言ってますけど、そんなレベルではない。

だから好き。発言にも納得する部分がすんごく多いし。

 

まあ、それでですね、その紹介記事であったおネエ、ゴマブッ子さんの本がこちら。

 

最初、サイトにいってお悩み相談を一つ見てきたんですけど、もう素敵過ぎるの一言。

アドバイスが的確だし、ザクッと切るんだけど、表現がツボにハマる。

本の一部をちょっと引用させてもらうと、

貴女の恋は片思いとか一途ではなくて、ただのランナーズハイ。

とか。

干物系の女って、私は干からびた女だから誰からも愛されないんじゃないか、誰からも必要とされないんじゃないかって思いがちだけど、

そう思う女は干からびてるんじゃなくて、考え方が「腐ってる」のよ。

とか。

辛辣だけど、うまい!

ヤバい!この人、めっちゃ好きになった!!

 

最初、Kindle版で一部無料で読めるっていうから、読んだんですよ。

面白い!単純に面白い!!

すごいよ、ゴマ姉!

 

私も人間の好き嫌いと、食べ物の好き嫌いは同じだと思ってて、色々食べ物(主に味覚)と関連付けて言えないかなー?と考えているのですが、

 

ゴマ姉の食べ物の例えは、食材そのもので、すんごいイメージとして捉えやすい。

あと、このアドバイスが的確というか物事の判断能力は、男性譲りのおネエだからこそ出来る技かもしれないですね。

 

なんでこんなすごい人を知らなかったんだろう。私のアホ。

これから次男のプールやら誕生日プレゼントの準備やらで買い出しに行くので、本屋さんで買ってきます!

なかったら、ソッコーでAmazonから買います!!

 

いやー、今本屋さん見てきた方が30分くらいで読めるし(笑)

どんだけ気に入ったんだって(笑)

ではでは、おそ松さまでした!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
>webという特性を活かし、笑いと文章で世界を救うヒーロー。 彼女の書く小説は、彼女のクソな部分を多く曝け出したシリアスな内容が多いが、雑記となると一変して笑いを盛り込み、読んでいる人を楽しませている。 そのギャップにあなたは目が離せなくなるだろう。 >スーツアクターの浅井宏輔さんが超絶に好き過ぎて、語り始めるとそこら中に唾を飛ばしながら100mダッシュした後の勢いになるので危険。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク




スポンサーリンク






Copyright© 笑いと文章で世界を救う!ライジング橘右近 , 2016 All Rights Reserved.