そこでしかできないことに力を注ぐ

プロフェッショナルになろう!

2017年10月29日。

私はWebコンサルタントの落合正和さんのセミナーの司会を務めさせて頂きました。

そのセミナーの中で、15分の自分の持ち時間(講座時間)があったのですが、こちらの時間を私は『講師の立場に立ってみよう!』という体験コーナーにしました。

 

なぜそんなことをしたかというと、リアルでしかできないことを体験してもらいたかったんです。

Webセミナーと何が違うって、やっぱり『肌で感じること』だと思います。空気感や人の気迫というものは、リアルでしか感じることが出来ません。

なので、講師側に立ってもらい、皆に注目される中、(2回)自己紹介をしてもらいました。

これだけでも、ただセミナーに参加しただけとは、だいぶ違いますよね。

 

実際に、何人かの方々(体験者も含む)に

「体験できるっていいですね」

「自己アピールできて嬉しかった」

と感想を頂きました。

 

体験者の方の中には「自分(橘)は自己アピールしなくてよかったの?」と聞かれましたが、体験者の方が1回目よりも顔つきが変わったり、聞いてる方の拍手が自然と大きくなったりと、そういう変化が見られたことが何より嬉しかったので(というかご褒美なので)、狙い通りです!と答えました。

 

 

してもらいたいことは、自分からまずしてみる

こちらは次のステップでもお話しますが、私は日頃【自分のしたことは自分に返ってくる】と思っているんですね。

行動でも感情でも。

 

人様のセミナーに行った時に、講師の人ともっと触れ合ったり、何か体験できることがあればいいのになぁと思っていました。

はい。実は、私が「してもらえたら嬉しいこと」をやってみました。

 

人にされたら嬉しいなってことは、やっぱり相手もされて嬉しいものなんです。

優しくされたら嬉しいです。

ひいきされたら、やった!と思います。

 

ひいきはあって当たり前。ひいきされるために頑張ることたくさんありますよね?

っていうか、それしかないんじゃない?ってな勢いでありますよね。

 

話を戻しますが、人にされて嬉しいことは、まず自分からやってみましょう!

 

 

そのために『そこでしか(表現)出来ないこと』を見つけて全力を出す

こちらではセミナーのことだけをお話しましたが、「そこでしか出来ないこと」はたくさんあります。
(その他の詳しくは書籍などでお伝えします)

  • 小説(文字)でしか出来ないこと
  • 漫画でしか表現できないこと
  • 映像でしか見せられないこと

手段によっても様々です。

 

ぜひ、そこでしか出来ないことを見つけて、それを相手に体験させてあげて下さい。

それが『お得意様』を作ることになります。

橘 右近
では、今回のワークだ!

近々やろうと思っている『そこで(自分)しか出来ないこと』はありますか?

 

ブリ子
コメント楽しみにしてます!

 

 

 

↑↑↑こういうバナーを作りたいなら↑↑↑
超簡単!自分で「凄いバナー」が作れる!【バナープラス】がオススメ!!