感動の涙! 泣けるゲームアプリ「おわかれのほし」の弔いの意味がすごく深かった件

ひとがもういない惑星の、自分を人間だと思いこんでいる機械たちの村が舞台のアドベンチャーゲームです。
ひとり生き残った子供の機械が死んだ村人たちの身体を借りて、「明日したかったこと」を代わりに行うことで、ひとりひとりを弔い、きちんとおわかれをしていきます。

こちらが今から紹介するゲームのあらすじです。
これだけでもう何か言葉にできないものが胸の中にありました。

一時間プレイした感想を一言で表すなら。

この子がいてくれて救われた

です。
ひとりひとりのドラマが結構しんどい。
そう。しんどい。

なんというか、行動や言葉の一つ一つを単体で見たら、そんなに深い意味はないんですよ。
傷つくようなことでもない、かな。
でも、それにその人達の感情がのっかると「うわ~!」ってなります。
しんどいんです。

でも、泣くことで自分が清められていくような気がします。

明日生きることって奇跡なんだなって。

中でも、ママにとっては涙なしではいられないストーリーを動画にしました。
この村人(ハァヌゥさん)は、ある人からお花の話を聞き、それ以来ずっとお花を咲かせたいと思っていました。
毎日毎日、植物のことを調べたり、育ててみたりしました。
でもキレイな空気も、水も、土も太陽の光もありません。
なので、花が咲く装置を作りました。
装置は出来上がり、あとは種と水を用意すればOKというところで、おそらくハァヌゥさんは死んでしまいます。

お花を咲かせ、そして子供の機械と一緒に見ることが、ハァヌゥさんへの弔いです。

動画は、お花が咲いてからのストーリーです。
ここでハァヌゥさんの理由がわかります。

超しんどいです。
でも、美しいです。
本当に、誰かを愛し慈しむという心は美しい。

もう一人もお話しさせてください!

ホボラルさんは、遺体を「おわかれの場所」まで運ぶ人です。
遺体は重いので、運び終わった後はいつも運ぶ道具はどこかが壊れてしまいます。

ホボラルさんは、ある日夢を見ました。
自分が死んでしまう夢です。
家族も親しい人もいないので、ホボラルさんが死んだことに誰も気づきません。
いくつもの朝と夜を迎えて、ホボラルさんに用があった人が来ました。
そして、ホボラルさんが死んでいたことを知り、村の人たちがホボラルさんの元で会議をします。

 

「誰が運ぶんだ」

「そもそも運ぶ価値があるのか」

 

その場は一度解散となりました。

 

そして、二度とホボラルさんの元には誰も来ませんでした。

 

目が覚めると、ホボラルさんは運ぶ人がいれば駆けつけるようになりました。
すぐに運べるように、道具の修理もします。

ホボラルさんは夢を見て思ったのです。

誰にもそんな思いをさせたくない。

そんなホボラルさんへの弔いは『遺体を運ぶ道具を直すこと』

小5と小2の息子たちもボロ泣きでした

このホボラルさんのストーリーを見た後、ボロ泣きしてました。

私は「そもそも運ぶ価値があるのか」に恐怖を覚えましたし、そんなことを言われても『誰かに同じ思いをさせたくない』と思うホボラルさんに泣いたのですが、子供たちは純粋に

「ホボラルさんが死んで悲しい」

と泣いたそうです。

そうですよね。
まずそこですよね。
いやー、子供たちに教わった気がしました。

そうだよ。死んだことがまず悲しいよ。

最後に

こちらの作品は480円と有料です。

有料ですが、とてもいい作品です。
買ってよかったと思う心底思う。
本当によかった。


Google Play で手に入れよう

国内最大級のゲームアカウントデータ売買サイト:ゲームトレード[GameTrade]