2017/08/19

ペルソナって、自分発掘のために超使えるって知ってた?【みっちゃんインタビュー編】

 

この記事を書いている人 - WRITER -
見た目は真面目、中身変態。演技について熱く語りたい声優兼小説家。 スーツアクターの浅井宏輔さんと藤井祐伍さんが好き過ぎて、ヒーローものを見ただけで興奮する。時に菩薩のような顔をしながら下ネタも熱く語ります。

私のブログでは、【ペルソナ設定がわからない?なら橘右近式ワークシートを見せちゃうぜ!】という、ペルソナ設定のワークシートの中身を見せた記事があります。

今回、そのワークシートを自分自身に置き換えて設定をしてくれた、ありがた~いお友達のインタビュー記事です。

 

そのお友達はこちら。

みっちゃん(みっちさん)の【香川県観音寺市在住のみっちが教える四国穴場スポット】です。

 

私橘がワークシートの質問をぶつけて、みっちゃんが答えていくという形にしました。

ではでは、インタビューの開始です!!

 

 

まずは、みっちゃん(ペルソナ)の骨格です

性別は?何歳ですか?

男 34歳

みっちゃん

 

どんな魅力がありますか?

真面目で責任感が強い。言いたいことを言う。人と深くつきあうことを好む。

みっちゃん

補足

⇒ためこむくらいなら、言っちゃう。けど、内向的。一人の人や一つのことを深く知ろうとする。

 

どんな暗い部分がありますか?

融通がきかない。相性の合う合わないが激しい。

みっちゃん

補足

⇒広く浅くが苦手なので、融通がきかない?合わない人とは、挨拶などの会話は普通にするけど、本当は「あまり口をききたくないなぁ」と思っていたりする。

 

 

次に、みっちゃん(ペルソナ)の過去を覗いてみましょう

ペルソナの小さい頃の家族構成は?

祖母、父、母、自分、妹

みっちゃん

 

お父さんはどんな人?

人から良く思われたいところがあるので、少し見栄っ張り。知らないことでも知ってるように話したりする。

だけど話が上手。はじめての人ともすぐ仲良しになる。家に遊びに来た人が初対面でも、いつの間にか仲良くなっている感じ。

みっちゃん

 

お母さんはどんな人?

心優しい。家事をきちんとこなす。節約好きです。

みっちゃん

補足

⇒家計簿をつけている。安い商品を調べて買い物に行くほどの節約家。小さい金額には敏感だけど、大きい金額には鈍感。

 

 

両親は仲が良かった?悪かった?

普段は仲が良かったがたまにけんかしてた。母が怒って父が謝って解決でしたねw

みっちゃん

補足

⇒お母さんが怒ると、お父さんは謝るので、それに対しお母さんのすぐに謝り解決する。お父さんはほとんど怒らない。

 

子供の頃、どんなことが嬉しいと思ってた?

将棋を指すこと。ゲームをすること。勉強して成績があがること。

幼稚園のころから将棋を教えてもらっていたため、駒を最大限に働かせる=戦略を練る・先を読む・合理的に動くという考えを作る基礎ができた。

将棋はとにかく楽しかった。勝ったら嬉しい、負けて悔しいけど楽しい方が強かった。

ゲームは、その時にスーパーファミコンなどが流行っていた。

中学生の頃に、勉強をして成績が上がる楽しさを知った。きちんと勉強すれば成績(結果)は良くなるという経験をした。

スポーツをするよりかは、室内で頭を使うことをする方が好きだった。

みっちゃん

 

子供の頃、してもらいたかったことは?

ゲームソフトをもっと買ってほしかったですw

みっちゃん

補足

⇒お母さんが節約家だったこともあり、買ってもらえなかった。友達は買ってもらっていて羨ましかった。

 

 

さらに、みっちゃんを発掘します

好きなことをできるだけ教えて下さい

旅行、FX、将棋、うどん、温泉、マンガ、熱帯魚飼育。犬(しろちゃん)と遊ぶ

みっちゃん

補足

⇒漫画は好きな作品を何十回も読み返して楽しむ。一つのことに深く関わろうとする。

雨が降った時の温泉は最高。のぼせた体を雨で冷やすのが好き。

 

嫌いなこともできるだけ教えて下さい

無駄な時間。無駄なエネルギー。

無駄なことが嫌いで、合理的に動きたい。

食べ物で言ったら、カニ・エビ・イカ・ホタテ・アサリなどの甲殻類や軟体動物が苦手。フライなら食べられるけど、カキはフライにしてもダメ。

中でも、カニは超苦手。庭をカニが歩いていたら動けなくなるレベル。

小さい頃、お父さんにカニを無理矢理食べさせられたことがトラウマで、タカアシガニなんて見たくもない。生理的に受け付けない。

節約も実は嫌いですw

みっちゃん

 

贅沢だなぁ、幸せだなぁと思うことを教えて下さい。

露天風呂につかってぼーっとする。美味しいものを外で食べる。結構食べます!

みっちゃん

 

反対に、許せない!と思うことは何でしょう?

自分の基準が絶対に正しいと思い込んで人を判断する人。心に土足であがりこむデリカシーの無い人。

みっちゃん

実は・・・

⇒グイグイくる人でも、全く不快に感じない人もいる。

 

性格はどういう人だと思いますか?

真面目で責任感が強い。まがったことが嫌い。自分で「こういうことする人嫌い」と言ってるのに、その行為を人にするのが嫌いです。

みっちゃん

 

 

現在の環境は?

今の家族構成は?(既婚、独身、子供の有無など)

未婚。両親と同居。妹は結婚して千葉にいます。

みっちゃん

 

今の家族の性別や年齢、性格など細かく教えて下さい

父、69歳 見栄っ張りは変わらず。さみしがりや。

⇒人と関わるのが好きな人なので、退社してからさみしくなったのか、最近かまって欲しい雰囲気を醸し出している。

 

母、60歳 あまり怒らなくなってきて、夫婦ゲンカはほとんどないです。

みっちゃん

 

 

自分自身のことで、悩んでいることは?

独立したいが今の職場に少し未練がある。

倍率は16倍、一日20時間くらい勉強し苦労して入ったところなので、それを思うと少し未練が残る。頑張った苦労が・・・という気持ちがあります。

みっちゃん

 

自分以外の人のことで悩んでいることは?

父の足の障害が更に悪化することへの不安です。(介護への不安)

みっちゃん

 

 

★橘がみっちゃんを掘り下げます!!★

旅行が好きなので、みっちゃんは地元四国の観光スポットに実際に行ってみたお出かけブログです。

そして、橘の持っている信念に

「男性が成長するには、女性からキャーキャー言われる(受け入れられる・褒められる)ことと、男性から認められる・信頼できる男性がいることが必要」

というのがあります。

ここから先は、以前記事で公開した『親友って、何をもって親友と言えるんだろう?』あなたは、この質問にどう答えますか?と内容が重複します!!

 

なので、みっちゃんにこんな質問を追加しました。

  1. 男性の親友がいますか?
  2. 尊敬している男性はいますか?

 

みっちゃんは両方「いる」でした。さすが、みっちゃん!

 

でも、ここで面白いことを聞かれました。

『親友って、何をもって親友と言えるんだろう?』

これを読んでいる方は、どう思いますか?

ちょっとだけ考えてみて下さい。

はい。私の答えは

『好きな女性がいたとして、彼女とその人が二人きりになったとしても心配ないか?』

です。

男性の世界で、男性同士の信頼というのは大切なものです。

基本、自分以外は敵(ライバル)です。

ビジネスなら、信頼がおけないと大切な話ができません。手の内を知っている身内の人に裏切られたら致命傷を負いかねないので。

 

なので、私は男性が(ビジネス以外で)最も信頼を必要とする『パートナー』を持ち出しました。

 

男性は子供を産めません。女性に産んでもらうしかないです。

その自分の子供を産んでくれるであろう大切な女性を、一時的にでも預けることができるか。

そのくらいの信頼度を尋ねたんです。

 

これで「いない」って言われた時の答えを用意していなかったのですが(みっちゃんならいると思ったので)、予想通りで嬉しかったです。

 

お次は尊敬している男性について

さて、この「親友」と「尊敬している男性」ですが、こちらの尊敬している男性について詳しく聞かせてもらいました。

  • 人間性がいい
  • 優しい
  • 気がきく
  • グイグイ心に入ってきても、全然不快感を抱かない
  • 頭も切れる&パソコンで何かトラブルがあったらこの人に頼めばなんとかなると思っている

 

この「尊敬している部分」は、みっちゃんがカッコいいなぁとか、こんな風になりたいなぁと思っている「憧れ」です。

 

しかし、実は、自分で自分とその人を比べているけど、自分の中にもちゃんと存在していることでもあります。

自分の中に「それ」がなければ、憧れるということすらしないからです。

 

なので、この憧れている部分は、実は既にもっているということなんですね。

これを知ってもらいたくて、この質問をしました。

 

 

◆今回の自分発掘作業で気付いたみっちゃんの「キーワード」

それは『時間』でした。

 

睡眠時間は短くても平気っていうのには驚きました。

・睡眠に使う時間を起きて活動する時間にしたい

とか

・どこかに出かけるにしても、一つの用事で終わらせたくない

とか。

 

弁当を買いに行くなら、温泉入った帰りにしよう

⇒それなら本屋さんに寄ってから温泉に行って、弁当買って帰ろう

⇒もっと言うなら、本屋さん行って温泉入って、マッサージしてもらってから弁当買おう

というようにしたい。

 

とにかく、効率よく動きたいってことですね。

 

これって、小さい頃から将棋を楽しんできたみっちゃんだからこそできる考え方だな~って思いました。

将棋って、いかに効率よく駒を働かせるかっていうのが勝利のカギなんだそうです。

 

ちょっとだけ、お母さんの節約を見てきたからこそ、時間の節約をしているのかな?と思いましたが(影響は多少なりともあると思う)、実はみっちゃん、節約は好きではないそうです。

 

ゲームソフトを買ってもらえなかったという、「してもらえなかった」という思いもありますが、みっちゃんの素敵な考えとして

節約するくらいなら、収入を増やすことを考える

と教えてくれました。

 

 

節約するくらいなら、収入を増やすことを考える

私、これ深いと思うんです。

しかも、私も似た考えの持ち主なので、めっちゃ食いつきました。

 

キツイ制限(ルール)の中で、我慢してずっと暮らすよりも、そのルールを壊して余裕のある新しいルールを作る!

っていう考え方です。

 

ルールの中だけで動いてしまうと、それしか見えません。

そこで、ルール自体を壊すような視点が必要なんです。

橘 右近

 

これ、ビジネスではかなり重要なことだと思ってます。

 

何かを変えたい時って、古い何かを捨て、新しい何かを吸収します。そんなイメージに似てますよね。

 

しかし、ここでちょっとこれ見て

ここで1つ気付いてもらいたいのが、なるべく合理的に動きたいみっちゃんが、贅沢だと思っていることが「温泉につかって、ぼーっとすること」です。

ん?て思った人いませんか?

ここでも、みっちゃんの人柄がわかります。

 

それは、

温泉につかってぼーっとすること=ストレス解消や好きなことをしている時間である。ということです。

 

つまり、合理的に動くことも、温泉で癒されるのも、それにかける時間と満足度を比較しているってことです。

 

時間は、その人の命。

時間を有効的に使いたいってことは、きちんと生きたいということにつながります。

 

こちらのイベントに参加してくれた『のぶちゃん』の言葉をお借りすると、

時間を大切に=真剣に生きる

ってことですね。

 

だから、みっちゃんの中でのキーワードは『時間』だなぁって思いました。

 

 

最後に

ペルソナ設定、実はやってもらってから気付いて欲しかったのですが言っちゃいますw

 

ペルソナを考える時、そのペルソナが実在する人物だろうがなかろうが、自分と深くつながりがあるんです。

  • なぜ、その悩みを持っている人をペルソナとしたのか?
  • なぜ、ペルソナにそのような未来になって欲しいのか?

 

この理由に、自分が「過去してもらいたかったこと」であり、「やりたい・欲しい未来」です。

そして、今の自分がそれを解消する・手に入れるために、そのペルソナにしたというわけです。

 

だから、ペルソナ設定は自分自身を知るために、とてもいいんですよね。

それを、自分以外の人と知ることは、更なる新たな気付きを得られるチャンスでもあります!

私の集客&収益化を考えるコミュニティ【マジcom!】では、私のサービスとしてペルソナ設定のイベントもやっています。

ぜひ、ワークシートだけでもやってみてくださいね^^

 

ほんじゃま、読んでくれて戦キューヾ(*´▽`*)マタネー♪

 

この記事を書いている人 - WRITER -
見た目は真面目、中身変態。演技について熱く語りたい声優兼小説家。 スーツアクターの浅井宏輔さんと藤井祐伍さんが好き過ぎて、ヒーローものを見ただけで興奮する。時に菩薩のような顔をしながら下ネタも熱く語ります。
 

Copyright© 魅せる!ブログの作り方 , 2017 All Rights Reserved.