この世は、「正義」や「愛」が勝つのではない。力の強い方が勝つのである。

普段、愛の力で世界を笑顔で満たしたい!と言っている私ですが、

私自身、「正義や愛」だから勝つ!と思っているわけではありません。

 

ちょっとややこしいことを言いますが、

この世は、力の強い方が勝ちます。

だから、「正義や愛」の力を「悪」とされる力よりも強くしたい!

と思っているということです。

 

 

私の好きな戦隊で例える

子供向けなので、最後に「正義や愛」が勝ちますが、その中の過程では、

悪(敵)の力に負ける時だってあります。

 

今オンエアされている戦隊ヒーロー『ジュウオウジャー』も、

6人目の戦士──みっちゃんは、

「どうせ俺は、そんな資格はないんだ・・・」

っていうネガティブ思考で、小さい時から友達がいなかった。

その心=自分を信じる力が弱かったため、悪の組織のリーダー──ジニスにいいように利用されてしまったわけです。

 

こんな自分は、誰にも必要とされないわかってくれない

この弱さにつけこんだジニスは、みっちゃんを『ゲームを面白くするための一つの駒』として必要とし、

私は君の全てをわかっているよ」と甘い言葉を吐いて洗脳(自分は良き理解者だと)したわけです。

 

全てわかるなんてありえない。限りなく近くわかろうとすることはできるだろうけど、自分自身がよくわかってないのに、なぜわかる?

そんなことが出来たら、もはや人ではない。

あ、ジニスは人じゃなかった(*ノ▽゚)ゝテヘ

 

悪の力に負けたみっちゃんですが、ここで戦隊のリーダー的存在のレッド──大和くんが、友情パワーで彼を救います

私の好きな19話「信じるのは誰?」ですよ!旦那!

 

ジニスに利用され、攻撃してくるザ・ワールド(みっちゃん)にイーグル(大和くん)は言います。

大和くん
やめろ!君は、こんな戦い、望んでないだろ
みっちゃん
望んでるさ!それが、ジニス様の望みだからな!
大和くん
ジニスの望みなんて、君には関係ないだろ!!
みっちゃん
・・・ジニス様は俺の理解者だ。

俺の全てをわかっている!

 

イーグルザ・ワールドにめったくそにやられます。

変身するパワーもなく満身創痍ですが、大和くんみっちゃんを救おうと言い続けます。

 

大和くん
やっぱりジニスはわかってないよ。

だって、君にこんな酷いことをさせてる

みっちゃん
・・・!

本当は、みっちゃんは「戦いたくない」って思ってるのに、

それをさせるジニスは間違ってる。

このままジニスを信じていたら、本当に求めていたことが叶わなくなり、何もかもを自分で壊すことになってしまう。

 

みっちゃんの顔を初めて見た時に、大和くんは助けを求められてることに気付き、懸命に救おうとします。

 

その後、例の「信じる」というキーワードで洗脳から解き放されるわけです。

 

つまり、大和くんの『ザ・ワールドを救いたい』っていう気持ちの強さ

みっちゃんの『大和くんの気持ち(言葉)と自分を信じる』強さが、

ジニスの欲望の強さに勝った

ということです。

 

 

男の友情は素晴らしい

もう女子の(というか私にとっては)大好物である『男の友情』

男の子が成長するのに、とっても大切で必要なことです。

 

男の子は、高校卒業するまでに、

友達を作って、色んな経験を重ねていく必要があります。

 

今回の大和くんが

間違ってることを正して、みっちゃんを救ったように、

友達が抱えている問題に向き合い、解決していくことで、

男性というのは自分に自信がつき、誇りがもてます。

 

だからね、男性と社会は切り離せないんだよ~って、日頃言ってるんです(笑)

ここの問題を解決していく時に、見本となるのが大人です。(特に男性の大人)

 

男性には自分の経験談を若い男性(少年)に教えていくという、言っちゃえば義務=使命みたいなものがあります。

 

自分の生き様を、少年たちに見せるってことです。

少年たちは、友達と考えながら誰が見本となるかを決めます。

 

ぎゃーぎゃー騒いだり、逆に引きこもったりするのは、

周りにいい見本となる大人がいないからです。

 

プラス、友達同士『助け合い』が出来なくて、いい見本となる大人に気付けないからです。

 

女性がいい見本となることもできますが、

それは素直な女性にしか出来ないし、

基本的に女性にとって『男性はカッコいいけど、怖い(ところもある)』存在なので、なかなか難しいです。

ましてや、中学生くらいじゃ腕力的に勝てませんからね。

 

っていうか、大人の男性ができるのに、やらないで女性に任せてたら、カッコ悪くないですか?(笑)

あ、ちょっとココ、本音が漏れました(笑)

 

 

まとめ

橘 右近

この世は、力の強い方が勝つ。

でも、ここで勘違いして欲しくないのが、負けることが悪いんじゃないってこと。

負けたって、やり直せばそれでいい。

誰かに助けを求めたっていい。

 

そのまんまにして、見ないふりをするのが、一番ダメ。

やってもいいけど、一歩も前には進みません。

 

戦隊ヒーローは、正義や愛が勝つように作られているけど、

それは、現実がクソムカツクように出来ているからじゃない。

「正直者がバカをみる」わけでもない。

 

悪となる対象に、どうやって勝つか・生き抜くかってことのヒントを、

子供たちに映像として具体的に見せているのである。

 

 

 

余談

最後の最後にこの話をするってところが、実に私らしいのですが、

この19話のザ・ワールドのスーツアクターさんは、いつもの高田さんではなく、蔦宗正人(つたむね まさと)さんが代役をされています。

 

私は藤井さんだとばかり思ってしまい(その後の皆集まって「ジュウオウジャー!」と言ってる所は蔦宗さんじゃないはずだから)、その旨を書いてしまいました・・・すみません。

 

こんなことがないように、戦隊のパンフレットを買いました!!

以後気をつけます!!

でも、藤井さんだと思ってしまったことがショック大です!!!

くっそー!修行が足りん!!

そして、蔦宗さんも要チェックアクターさんであることは間違いないです!!

 

読んでくれて戦キューヾ(*´▽`*)マタネー♪

 

 

好きなアニメや特撮が見たい人は、ひとまずHuluでお試ししちゃいな!!

この記事を書いた人

橘 右近
見た目は真面目、中身変態なブロガー。演技について熱く語りたい声優兼小説家でもある。
スーツアクターの浅井宏輔さんと藤井祐伍さんが好き過ぎて、ヒーローものを見ただけで興奮する。時に菩薩のような顔をしながら下ネタも熱く語る。
>>>詳しいプロフィールはこちら

応援よろしくお願いします♪