真っ赤なUPに乗る。体の一部みたいな小ささがいい!

お友達の記事(寄稿)

スポンサーリンク

一年くらい前はゴルフに乗っていた。

そのゴルフがなんか調子悪くなって、直してもらおうとディラーに行く。

と、
そこに、
真っ赤な、

UP!!

見た瞬間「かっわいいーー!」。

買う気なんか全然なかったのに帰るときには真っ赤なUPを買っていた。

いやいや、大根を買うようなわけにはいかないので正確には「買う契約をする約束をした」。

アタシはよくこういうバカみたいな思い付きで動いてしまう。

15年くらい前、たまたま通り掛かった道筋に潰れたケーキ屋さんが「テナント募集」の看板を出していた。

この時も、(あっ、ケーキ屋さんっていいなぁ)と思い・・・フラーっと立ち寄って「ここをアタシに売ってください」と宣言してしまう。

この思い付きで3年間くらいケーキ屋さんを経営していた。
よくもまぁ、後先考えずにこんな決定を軽くするよ。 ったく ねぇ・・

BOSSは真剣につぶやく。
結婚した相棒がこんなバカじゃなかったら今頃お城が建っている。
そうか、うちが貧乏なのはアタシが元凶だ!!

ま、こういうおバカ話もまた書きたいけれど、今日はUPのお話。

30年くらい前、免許を取ったばっかりの頃。
真っ赤な車で大きな事故をして廃車にしたことがある。

夜の点滅信号。
赤信号と黄色信号。

まだ若いアタシは免許取り立てのくせに結構ブリブリ走る~~~
赤信号と黄色信号の交差点。
どっちが優先か忘れていた。

アタシは赤信号!!
ガッシャーーン!!!

ぶつかるときのあのスローモーションになったような景色は30年経った今もありありと覚えている。
ほんとに一コマ一コマが カチ カチ カチ とコマ送りになるようで結果、ガッシャーーン!!

あの経験で、優良ドライバーに生まれ変わったように思う。

BOSSは優良ドライバーのアタシの運転する車に乗ると気持ちが悪くなるって言う。
おかしいなぁ・・・?
 
この間、姫の旦那様を助手席に招待してドライブしたことがある。
この時もこの義理の息子は「・・・運転・・ヘタ。。」と言う。
おかしいなぁ・・・?
 
姫はもっとはっきり言う。
「へたくそ!」
おかしいなぁ・・・?
 
ホントのアタシの息子は「気持ちが悪い。ゲボが出そう」って言う。
おかしいなぁ・・・?

まぁみんな体調がすぐれないというわけで・・・ハイ。

この30年前の事故から赤い車はご法度。

でももう30年も前の事。
そろそろいいじゃなーい。

「真っ赤な車がほしいなぁ」。
ひそかに思っていた。

そのアタシの目の前に真っ赤なUP。
プライベート用に一人で乗り回すには最適な小ささ。

ホントに狭いけれど、それもまた体の一部みたいなカンジがいい。

車の絵なんて描いたことないけれど、アタシの愛車でーーす!
 
気持ち悪くなるかもしれないけれど、こんなアタシでよかったら乗っけるよぉ!!

スポンサーリンク