個人で電子書籍を販売するには? 大手プラットフォームは利用すべし!

著書を販売するにあたって、何が一番問題かというと『集客』です。
これが小説家のみならず、どの業種でも悩みどころとなります。
有名な芸能人ならば、ただの日記でも多くの人に読まれますが、一介の主婦が日記を書いてもほぼ読まれません。だから独自ドメインでブログを書いている人はSEOを気にしたりSNSで告知したりとあの手この手を考えるわけです。
収入を全く考えていないのなら話は別ですけどね。

そこで、やはり一番押さえておきたいのが『大手プラットフォーム』。
ずばり言うと『Amazon』です。Amazonを外すなんてアホです。タコです。イカ焼きです。

小説の販売を考えているのなら、以下のサイトを参考にしてみてください。

大手プラットフォーム

Amazon kindle版

KDP(kindle direct publishing)セレクトというAmazon kindleのみで販売する場合(全体の10%ならブログなどに無料公開OK)販売価格の約70%もらえますが、Amazonの他にも投稿サイトなどで公開している場合は、こちらのKPDセレクトに作品を登録することは出来ず一般販売となります。ロイヤリティは35%です。
承認後、「無料で公開されているようですけど、ご自分の作品ですよね?」みたいな連絡が来ますが、内容に従って確認作業をすれば販売されます。

登録作業はちょっと面倒ですが、登録作業は一度だけですし、コストがかからず誰でも本が出版できることを考えればAmazon Kindleでの販売をしないという選択肢はありません。

ぜひ登録しましょう。なにせAmazonですので、全く告知をしていない状態でも数冊は売れます。既に集客が完了している大きいプラットフォームは利用させてもらいましょう。

Google Play

参考にさせてもらったサイトで、「e-PUB、PDF形式で電子書籍が販売できる」とあり、登録だけしました。(承認されるまで一ヶ月くらいかかるそうです)
以下のサイトがめちゃめちゃ詳しく書いてくれているので、ご参考にどうぞ。

OSHIBUYA

私は残念ながらMacを持っていないのでGooglePlayアプリしかわかりませんが、iPhoneアプリにも出来るはずなのでMacをお持ちの方は挑戦してみてください。

楽天kobo

e-PUB形式でないとアップロードできないため、wordやテキストからe-PUB形式に変換できるツール(アプリなど)を利用させてもらうことが必要。
ただし、電子書籍内でのリンクが使えないため、私は利用をやめました。(お問い合わせやら、ブログへのリンクがつけられないのはイタイです)

<e-PUB形式に変換できるサイト>

LeME
⇒アプリで簡単に変換できます。私はPDF形式での販売もしているので、e-PUB変換用とPDF用とに分けておいた方がいいです。

個人のショップをもつ

私はこちらで自分のショップを開きました。

STORES.jp

こちらでは5つしか無料で販売はできないが、ダウンロード商品が販売できるため利用してみました。
月額980円を払えば、商品登録数は無制限になったり色々できるようです。

BASE

ダウンロード販売ができるので、利用しました。ネットショップは小説を書くのとは違い、コピーライティングとマーケティングを学ぶと最強になれそうだなと思います。

 

投稿サイト

E★エブリスタ

投稿サイトの紹介の記事から抜粋しますが、イチ推しはE★エブリスタです。他の投稿サイトでも『書籍化』はありますが、書籍化していなくてもすぐに販売できるところが魅力です。

こちらは、一話ごと販売ができるシステムがあります。

サイト内だけで使える『図書券(有料)』というものがあり、「それを利用して読んで下さいね=続きを読むには有料の券が何枚か必要ですよ」と販売することができます。(一話40~120円と設定可能

全体を『話』として公開し、何ページ目から(第何章から)●●円で販売できるということですね。

『書籍化デビュー』もあります。

SNS

note

こちらは、自サイトでブログを作らずとも記事を有料化できるのでかなりオススメします。
ショップを作らずともこのSNSだけで完結します。
ほかのSNSと比べると集客力は落ちますが、日本人向けで安心できます。

YouTube

自分のチャンネルを開設して、説明欄にショップへのリンクを貼るという形をとれば収益につながります。
ただし、チャンネルを運営していくという負担が増えることは覚えておきましょう。

Twitter

こちらもショップへのリンクを貼って収益化につなげられます。
動画を作成するよりかは負担はかかりませんが、精神的負担にならないように利用することをお勧めします。

自サイトでもPayPal(ペイパル)という決済システムを使えば、購入してもらえます。
ペイパルは手数料も少なくていいのですが、購入後のサンキューメールが個人で出せないことから、ダウンロード商品なのにすぐにダウンロードできない状態に。※1
このサンキューメールが出せる有料ツールがあるようですが、このツールの使い方も覚えないといけないため、手間がかかるというデメリットも。
あと、クレジットカード決済しかできません
とりあえず、無料で利用できるショップで販売し、お客様に購入されるようになったら決済システムを買って自分のサイトで販売することを考えた方がよさそうです。

※1PayPalからは連絡が来ます。イメージとしてはクレジットカード会社から「カードが利用されました」と通知はくるけど、ショップからは連絡が来ない状態になります。ショップ経営者が気付けば連絡は来ますが、即発行されません。

以上ですが、参考になると嬉しいです。