性教育をもっとオープンに、子供たちの心のケアになるようにしていきたいって思うのは私だけ?


私が受けてきた性教育って、

いけないこと・恥ずかしいこと・隠すこと

みたいなイメージが強く、

 

保健の授業のように、

「子供がどうやって出来るのか」とか「体の変化」

というのも必要だけど、もっと大事なことがあると思うんですよね。

 

もちろん、私の考えが正解!と言いきれないだろうけど、

それでも実体験から、性教育について意見します。

 

 

小学校5~6年生から、大体の子が自分の体に変化を感じる

そんな大切な時期の担任(女性)は、最悪でした。

まあ、自分のうっぷんを子供たちで晴らすような人で、

生徒2名が登校拒否になり病院に通うことになったくらい、毎日誰かをイジメている人でした。

 

そんな人の性教育なんかまともではなく、

保健の授業で自分の体がどんな風に変わったかを、一人一人発表させるんです。

 

 

トイレが汚れていた場合、わざわざ授業中に女子だけ呼び出して、

「誰が汚したんだ。名乗り出て掃除しろ」

ってこともしてました。

それで、まだ『月のもの』が来てない女子は教室に戻される。

だから、誰が始まってるとかそういうことも必然的に皆に知られる。

 

男子は何で女子だけ呼び出されるのか不思議に思いますよね?

それを聞かれても答えることができず、泣いちゃう子もいました。

 

もうね、思い出したくないくらいひどかったです。

 

そんな教育(といいたくないけど一応)だったので、

私自身、体の変化があった時は

恐怖と戸惑いしかありませんでした。

 

 

今はどうなのかわからないんですけど、

妹が小学校高学年の時も、私が習ったようなこととあまり大差なかったです。

高校(だったはず)の授業で「避妊具の使い方」を習ったみたいだけど、

これはぜひとも男子に理由も一緒にマスターしてもらいたい(^^;

 

女子も知識として必要だろうけど(女子用のもあるから)、

やっぱり女子からって言いにくいし、女子が常にそれを持ち歩けるかっていったらできない。

私はできません(笑)

 

 

かつての性教育

話を戻しますが、

私や妹が受けてきた性教育って、

「こんなことが起こりますよ」「(生物学的に)こうなるから、こういう現象になります」

といったことだったんです。

 

「あなた達はもうこういったことが出来るんです。

だから性交渉はダメ!いけないことなんです!」と言われて終わり。

プラス、大人たちは

恥ずかしいことだからと、ひたすら隠します。(だから余計に子供たちは興味持つと思うんだけど・・・)

 

うーん、それもなんだかなぁ・・・って思うのが正直なところ。

「だから」の位置が手前過ぎる。

もっと深い理由のところに「だから」をつけて欲しい。

 

「できるからって何でダメなの?」と聞かれたら、何て答えます?

まだ子供だから?

そこでも浅いと思います。

「じゃあ、なんで子供だとダメなの?」

・・・・・・

というように、答えに対してドンドン深く理由を掘り下げて考えていくことが、必要だと思ってます。

 

 

もう一つは、体の変化が起きたら?の先を教えて欲しい

赤ちゃんや幼児だったら、自分がそれをやってあげて、教えるってことが可能です。

たとえば、離乳食を食べさせる時に、自分が「あーん」と言って赤ちゃんに口を開けさせますよね?

おしりの拭き方も、やってあげて、自分で実際やらせてみて、よしできた!ってなりますよね。

 

でも、小学校高学年の子や中学生を相手に、

「してあげる」なんてなかなか出来ませんよね?お互いに。

 

とはいえ、先程も言ったように、体の変化は戸惑いが大きく怖いという感情も持ち合わせるため、

何もわからない状態は避け、教えてもらった方がいいです。

 

私は女子なので、女子のことしか言えませんが、

「生理用品」一つとっても、使い方がわからないんですよ。

まあ大体使い方はわかるけど、戸惑いが大きいのでなかなか気持ちがついていかないとか。

 

私がこんな経験をもっていたので、妹に同じ思いさせたくないなということで、めっちゃ考えました(笑)

なんて妹ラブ。

とにかくまず妹の気持ちに共感しました。

「私はショックだったよー」とか自分の気持ちを言えば、

相手も「私もそう」だとか、「違う」とか返ってくるので。

 

次に使い方を身をもって教えました(笑)

服の上から専用の下着と用品を使って、こんな感じって。

 

・・・具体的に言いすぎましたが、

このように「その後どうしたらいいのか?」っていうことを

もっと簡単に気軽に相談できる場所があればいいのになって思います。

 

男の子だって、色々あるしね。

旦那とその友達の男子トークを聞いた時には、知らないことばかりだった。

「一皮むける」=成長するっていう意味はここからきてるのか!とか(笑)

 

男の子も男子にしかわからない方法とか悩みって、絶対あります。

それを教えて欲しいのは、やっぱり男性だったりします。

私からでは、「聞いた話だとこうなるみたいだよ」としか言えないし、

その解決方法も想像だけではズレが大きいと思います。

 

「女子はこういう気持ちになって、

こんな状態になるというのを知って、

男子である君達はどう思う?」

というような、女子の気持ち目線からなら講義できるけど(笑)

 

で、結局どんな性教育がいいのかっていうと。

男子のみ、女子のみの伝え方も必要だし、

男女一緒にお互いのことを学ぶっていうのも必要だと思ってます。

 

そして教える側は、教科書とかに載っているような生物学的なことではなくて、

自分の体験談を話して欲しいです。

 

体験談っていうのが、一番効きます。

だって、リアルだから。

目の前にいるその人が、実際に感じたことだから。

多少なりとも、何かは感じ取ってくれます。

 

私、本当に絶対と思ったことしか「絶対」って言わないようにしているんですけど、

これにはつけます。

 

絶対、何かを感じ取ってくれます。

 

 

本当は子供たちに性教育とか心の勉強を教えたい

人の悩みって、ほぼ100%人間関係だと思ってるので、

こういった悩みを子供の時から学んでいると、自分にとっても相手にとっても、いい生き方ができると思ってます。

 

私の書く小説は、恋愛小説が多いんだけど、

実は伝えたいメッセージは、こういったテーマが大きいです。

 

小説だと読む人が高校生以上に多いから、

今後、自分達が子供たちに何かを教える時のきっかけになれれば、とか

同じ悩みで苦しんでいる人の救いになればと思って、メッセージを組み込んでます。

(実はそんなこと考えて小説を書いているんですw)

 

だから、子供たち(小・中学生)にダイレクトに伝えられるわけではない。

 

しかも、私の考え方でいうと、私一人では出来ない。

出来ないというか、一つの意見としてしか伝えられない・・・。

 

課題や悩みがたくさんあるけど、私に出来ることから始めよう。

 

***************************************************************************

早速、貴重なコメントをお友達から頂き、

ネットから得られる情報&自分に出来ること

として、性教育に関する本を書こうと思っています。

気付かせてくれたひとみさん、ありがとうございます!!(いつもコメントくれたり励ましたりしてくれる、超いい人です。神友の一人)

 

そこで、男性の皆さまへ!!

性教育に関するご意見・体験談をお聞かせ下さい。

内容はご自身が感じたことなら何でもいいのですが、

特に知りたいことといえば、

  • 戸惑ったことや辛かったこと。それについての解決方法
  • 悶々とした時、どうやって発散してる?
  • 女性に優しくするって教えられるけど、何で?

この3つが今のところ知りたいです。

お名前など伏せて構いませんので、(私が参考にさせてもらうことがあっても、名前を出す事はないので)

教えてやるぜ!という方がいらしたら、メッセージをよろしくお願いします。

 

もちろん、女性の方でもご意見お待ちしております!!

話せる範囲で結構です。

参考にさせて頂く時は、ご連絡差し上げます。

 

 

こんな記事も読まれてます!



この記事を書いた人

橘 右近
見た目は真面目、中身変態なブロガー。演技について熱く語りたい声優兼小説家でもある。
スーツアクターの浅井宏輔さんと藤井祐伍さんが好き過ぎて、ヒーローものを見ただけで興奮する。時に菩薩のような顔をしながら下ネタも熱く語る。
>>>詳しいプロフィールはこちら

応援よろしくお願いします♪

ブロガー達が本気で集客と収益について考えるグループ【マジcom!】

どうして、色んなコミュニティに入って、その人のやり方を真似して頑張っているのに、収益が上がらないんだろう?

自分の成功例は、自分で作らないといけません。

人の成功例は、あくまでも「その人だから」できたんです。

色んな人の意見を取り入れ、実行するのは素晴らしいことです。

今度はその色々な選択肢を、自分に合うようにしぼってオリジナルの成功例を作らないといけません。

私のコミュニティは、人の意見を聞き、自分の意見を出すことで成功例を見つけていきます。

自分が動かないと、何も変わりません。

ちょっとでも気になったあなたへ。

まずは、私の熱い想いを聞いて下さい。