浅井宏輔さん非公式ファンサイト

ファンの「あったらいいな」を形にした小説サイト|99.7

収入にならない執筆活動

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
web小説家。役者スキルを使って男女の恋愛意識の違いを文章で表現。楽しい世の中になるように男性を理解し、小説でそのカッコよさをアピールします。スーツアクターの浅井宏輔さんが好き過ぎてヤバい。 ●note⇒https://note.mu/ucon_tachibana

昼間家にいると、外で働いている人には「自由な時間がたくさんある=仕事してない」とか「ヒマでいいよね」的なことを言われる。

専業主婦だって、やることたくさんあるし、子育てにおいては24時間だ。

わかってる。
私の執筆活動は、世間から仕事として認められないことくらい。
収入になっていないのだから、形として見えないから仕方ない。

でも。
私には生きている間にやりたいことがあるのだ。

最低限の収入は別として、このやりたいことは収入うんぬんの問題ではない。
(収入になれれば嬉しいけど)

私は、自分が苦しい時、助けてもらったのは色んな人の『想い』だった。
それは実際に話してでもあったし、文字としてでもあった。

全部、言葉がつないでくれた。

だから私は、言葉で過去の自分のように苦しんでいる人や大切な人達を救いたいし、助けや励みになれれば嬉しい。

そうなれるように、私は小説という手段を使い、言葉を形に変えて、わかりやすく残しておきたい。
私がいなくなった後でも、生きることを楽しめるように、子供達にも残しておきたい。

これが私のやりたいこと。

理解できない人に認めてもらおうなんて思わない。
けれどやっぱり、自分のしていることを否定されるとツライよね。

そういう時は、
「人間合う合わないは必ずあるので、この人の考えと自分のそれとは合わないんだな。こういう考え方をする人なんだな」
と思って、あまり関わらないようにする。

そして、「好きなことがやれて羨ましい」という、ほぼ嫉妬から言っていることなので、言われるということは、傍から見た自分は「好きなことをして楽しんでいるように見える」ということ。

これって、いい状態だよね。

やりたいことに力を注げる人って、実は少ない。
なんだかんだ言い訳をして、行動に移せる勇気がもてないから。

だから、もし収入にならない執筆活動で批判されることがあるのなら。

今あなたは「やりたいことに向かっている状態」であるということ。
それは、なかなかできることではない素晴らしいことであると、ぜひ自信につなげて欲しい。

私も、やり遂げるまで頑張ろう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
web小説家。役者スキルを使って男女の恋愛意識の違いを文章で表現。楽しい世の中になるように男性を理解し、小説でそのカッコよさをアピールします。スーツアクターの浅井宏輔さんが好き過ぎてヤバい。 ●note⇒https://note.mu/ucon_tachibana




スポンサーリンク






- Comments -

Copyright© ライジング橘のスーツアクターは最高だ , 2018 All Rights Reserved.