落合正和さんの『速読方法』の記事を読んで、私も独自の速読法をあみ出したって話

 

私は、子供の頃から読書が好きでした。

漫画も小説も、絵本もエッセイも辞書もエロほ・・・嘘です。エロ本は大人になって読みました。

 

そんなことはどうでもいいのですが、本を読むのが好きなくせして、私は時間がかかる。

小説は内容を理解して、想像しながら読むので時間がかかって当たり前なのですが(現実逃避したいっていうのもあるし)、リラックス目的ではない『読書=ビジネス書を読む』の場合、読む時間がかかるのは「仕事の作業時間を多くしているようなもの。

読みたい本があっても、「読書の時間にするよりも、この作業を終わらせたい」と思うことが多々あったのです。

250ページを超えるようなら、まとまった時間がとれないからと2~3日かけて読んでました。

 

でも、これって効率が悪い。

また明日読もう

⇒集中して読んでいないので、結局前に読んだことを読み返す

⇒本来の何倍もの時間を費やしてしまっている

 

読むのに時間がかかるし、速読術を学ぶのに時間がかかりそうという偏見から、

速く本を読む方法を調べる

ことをせずに、

本を読まない

ことを選んでいました。

 

うーん。自分で世界の幅を狭めているわ。

 

そこで落合さんの速読方法が書いてある記事

【速読】読書のスピード、集中力、理解度が劇的に向上した6つの読書メソッド

と出会ったのです。まさに運命の出会い。

 

この方法を知って無性に本が読みたくなり読んだのが、先日お話した松尾昭仁さんの著書「完全決定版 誰でもビジネス書の著者になれる! 出版の教科書」です。

本を読んでよかったと、素直に思いました。

 

本も、一つの出会いです。

この出会いに導いてくれた落合さんに感謝です。

記事を書いてくれてありがとうございます!!

 

 

私の速読方法

用意するもの

  1. 本(当たり前)
  2. 紙とペン
  3. 目標の読書時間(私の最初の目標は約270ページを1時間でした)

 

読み方

0.読書の時間を決める

pp_gyoumuyoutokei_tp_v

これは、最初に設定するのを忘れてしまい、私は子供が起きている時に読み始めてしまったので、途中で一旦本を閉じてしまいました。

本を読む時は、誰にも邪魔されない時間に読んで下さい。

そして、読む前にトイレを済ませて手を洗っておくといいです。一種の気持ちの切り替えにもなるし、読んでいる途中でトイレに行ったら、流れが止まってしまいます。

これだけは、ぜひやってくださいね!

 

 

1.まず「まえがき」「あとがき」「目次」を読む

1fc0d445cddeef8de397188d6c8b15c1_m

読んだことのある著者の本なら、「目次」で似たような項目があった場合、ほぼ太字だけを読み進めようと思うし、興味あることならここに時間を少しかけようという、いわば時間配分をするためです。

初めて出会う本ならば、「目次」からは気になったところでメモを必ずとろう!と決めています。

 

 

2.後戻りはしない!けど、気になった所はページを折り、キーワードを書き抜く

紙とペン

・読み終わった後、もう一度軽く目を通す=復習するので、大事な(気になった)ところはページの端を折ります。

付箋があればいいのかもしれませんが、私はメンドクサガーリーで、付箋も手元になかったため折るという行動に出ます。

・マーカーがあれば線を引けるのですが、キーワードを書き抜くだけでも、復習の時に思い出しやすく、理解も深まります。(何で気になったとかもわかるってことです)

 

 

3.読むというよりは、視覚で捉えている感じ

moai

なので、かなりざーっと流し読みです。

でも面白いことに、人は太字でなくても気になる言葉というのは、拾い上げて読んで(見て)います。

出版社によって若干の差はありますが、読みやすい構成になっているので、流し読みでもちゃんと頭に入ってるものなんです。

脳ってやつはスゴい。

 

 

4.読み終わったら復習タイム

benkyou

メモを見て、一番気になっているキーワードの所を読み返します。

ページを折っている所と、キーワードの順番が同じになっているはずなのでわかりやすいです。

本に書くスペースがあれば本に、あまりにも書くことが多ければ紙に、「自分だったら」とか「なぜ引っかかったのか?」など、気になったことを書きこんでおきましょう。

 

◆◆◆

以上が私の「速読」のやり方です。

 

 

効果はいかほど?

かかった時間

先程も言いましたが、読書時間の初めの時間を決めていなかったので、目標の1時間は達成できず、1時間20分もかかりました。

達成できなかったけど、その分「なぜ達成できなかったのか?」を考えることができたので良しとします。

 

内容の理解度

メモを取りながらだったのですが、以前のように内容を理解しようと思って考えながら読んでいくよりも、集中してさーっと読む方が頭に残っていました。

時間をかけて読む=内容を全部理解しようと思いながら読む=「ながら読み」なので、集中していない=集中していないので、どれが必要なことかがわかっていない(あれ?どこに書いてあったっけ?が多い)

結局、時間をかけて読むからといって内容を理解しているかというと、必ずしも比例しないということです。

 

新たな出会い

速く理解して読むスキルを手に入れたので、読書欲が湧き出ています。

この方法を試してから三日で6冊読めました。

【初日:冊】

 

二日目:

 

三日目:

 

 

慣れてくると、200ページくらいの本なら3~40分で読めます。

本が届くのが待ち遠しい3日間でした。

 

実はもう一冊、話し方についての本も買ったのですが、2016年12月3日現在、手元に届くのを待っている状態です。今日届く!!楽しみ!!

 

私が知っている「話し方」と、実際に使われて「ウケる話し方」に、どう違いがあるのかを知りたくて買いました。

 

ビジネス書は、インプット(情報を吸収)するだけでは意味がないので、これからはアウトプット(人に自分の言葉で伝えていく)時間。

いくら同じ本を読みこんでも、良い本をたくさん探しても、自分の中だけに留めておくだけでは、本当の身にはなってないんですよね。

人に説明出来て、初めて理解したってことです。

 

今後、読む時間がとられるから本が読めないなんて言いませんよ、私は。

 

 

最後に

すっかり松尾さんのファンになった私。

いつもお世話になっている松原潤一さんが常々仰っていることと、共通している部分がすごくあって、「やっぱり出来る人は違う」ということを痛感しました。

 

コミュニティを運営していく中で、これは絶対必要!(特に女性のお客様なら)ということをこのお二人から学びました。

次回は、そんなお話をしたいなぁと思います。

 

とにかく、本も一つの出会いだよ!

出会ったら、その出会いの中でいいところと悪いところを見つけて、自分の魅力につなげようぜ!

その出会いを見つけるのに、「時間がないから」なんて言い訳をしていた私、めちゃカッコ悪かった。

 

という、お話でした。

ではでは、読んでくれて戦キューヾ(*´▽`*)マタネー♪

 

ブロガーのためのコミュニティ【橘右近とカラミ隊】



インターネットやSNSが多く活用される現代で、多くの人の印象に残るためには、やっぱり個性が必要!!

あなたもブログやSNSにうまく個性を出して、皆に興味をもってもらえるようになりませんか?

このコミュニティでは、メンバーが【楽しいこと・好きなこと・下ネタ】をテーマに投稿できるブログがあります!!息抜きにも練習としてでも、自分のブログへのリンクとしても、メンバーなら無料で利用できます。

応援よろしくお願いします♪

コメントを残す