好きなことをしたいのに、怖くてできないツラさ


すみません。最初に断っておきますが、今回の記事は、いわゆる「なぐり書き」です。

好きなことややりたいことがしたいのに、どうにもこうにも、動けない感覚に泣きそうになってます。

 

独身時代は、何でもやりたい!って思ったらパッと動けたんだけどなぁ・・・。

 

今、自分が本当にやりたいこととか好きなことを考えているのですが、

パッと思いつくくせに、いざそれをやろうとするとブレーキがかかります。

 

何でだろう?と思ったら、一つの結論に達しました。

 

私は、好きなことをするのが「怖い」んです。

 

変ですよね。

好きなことをするだけなのに。

 

やればいいじゃん。って、私自身も思います。

好きなことはやった方がいいって、私も日頃言ってるんだし。

でも、心の中に植えつけられた監視カメラが、その気持ちを阻止してしまうんです。

 

嫉妬からできた心の「監視カメラ」

ずーっと、小さい頃から、何か私が楽しんでいると、周りの嫉妬が飛んできました。

 

男の子と遊べば女の子が嫉妬するし、

先生に褒められれば、同級生から嫉妬されるし、

一人の男の子と仲良くなれば、私に好意を寄せている男子から嫉妬されるし、

妹に好かれれば、義父から嫉妬されるし。

今は、家で私がルンルンしていれば、夫から嫉妬されます。

 

はあ。ツラい。

なら離婚すればいいのに。って思うかもしれませんが、簡単にはいかないんですよね。

旦那はこれでも、私ラブなの知ってますし、なんかかわいそうになってしまう。

子供にとっても、最近長男が父ちゃん好きになってるから、離したらかわいそうかな?って思うし、

じいちゃんばあちゃん(旦那の父母)とかのつながりを考えると、

離婚じゃなくて、私の考え方次第で何とかなるんじゃないか?と思って。

 

もっと、自分の気持ちを旦那に話せばいいんだろうけど、

どこか欲しい言葉を期待している自分がいて、

自分の気持ちを否定された時のショックを受けたくなくて、

言い出す勇気がない。

 

そんな私だから、人の気持ちに触れるビジネスをしていいのか?っていうのも、

実は疑問に思っています。

 

だから、そんな気持ちが伝わって、ビジネス(収入)にもつながらないんだろうなぁっていうのも、わかってます。

 

人って、やりたいことを応援されず、反対に嫉妬されると、本当に動けなくなるよなぁ。

と、他人事みたいに思ってしまって。

 

もし、言ったことが何でも叶うとしたら、何を願う?と考えてみた

こんなこと考えること自体不毛な気がしますが、考えました。

 

やっぱり私はお芝居の世界が大好き。

なので、今一番好きな特撮ヒーローの現場に行って、

大好きな浅井さんや藤井さんの仕事をしている姿を見たい。

欲を言えば、一緒に仕事をしたい(笑)

 

好きな人達が、好きな仕事をしている姿を見たい。

っていうのが、正直なところです。

他にも私が尊敬している役者さんの仕事をしているところも見たい。

 

男の人が、自分の好きなことを仕事にしていて、

その仕事にどんな気持ちで取り組んでいるのかっていう姿を見たいです。

それで、カッコいいな~。私もあんな風に生きたいなぁって、自分のエネルギーにしたい。

 

 

私は、男の人の信用を失うのも怖い

これは母のせいでもないし、私は自分を不幸だとも思ったことがないので、これを言ったから「かわいそう」って思って欲しくないんですけど。(母ちゃん、この記事読むかもしれないから、先に断っておくけど、私は幸せで楽しかったぞ!)

母子家庭ということもあり、いつの頃からか「社会では、男性の信用を裏切ったら生きていけない」と思っていました。

だから媚を売るとかそういうのではなくて。

助けてもらえる部分はもちろん助けてもらうんですけど、一度自分が言ったこと・約束は破りたくない、破っちゃいけないって思ってます。

男性の世界って、そういうの強いじゃないですか。

男に二言はないってやつです。

 

私は女性だけど、そういうところで「女性だから」って甘えたくないんですよ。頑固です(笑)

約束は約束。

だから、守れない約束は最初からしません。

 

これも、結構自分の動きに制約かけちゃってるのもわかるんですけど、ここは破りたくないので、多分変わらない意識だと思います。

時間がかかっても、自分が言ったことはやり通したいんです。

 

だからブログでも、

「これをやる!」って言ったからには、時間がかかってもやりたいんですね。

なので、気持ちがフラフラばっかりしている今の状況がイヤ。

 

じゃあ、やればいいじゃん。て話なんですけど。

これがなかなかに難しい・・・っていういいわけです。

約束破りたくないって言ってる割に、矛盾した「言い訳」をします。

もしかしたら、話している内に見えてくるかもしれないから。

 

 

やる気が出てこない原因

全部が全部夫のせいではないですけど。

この状況にしたのは、自分の行動のせいでもありますからね。

でも、イヤだなって思う嫉妬を書きます。

 

①夫が帰ってくるまでに、おもちゃなど出してあったら「昼間、何してるの?」と言われる。

②私が友達と遊びに行こうものなら「いいね、休みがあって」と言われる。

③子供と外食しようものなら「そんなお金、どこにあるの?」と言われる。

④コロッケやとんかつ、焼き鳥などの総菜を買おうものなら「手抜き」と言われる。

 

・・・いかんいかん。不満が爆発している(笑)すみません。愚痴りました。

つまりですね、

「俺はイヤな仕事に行って、お前たちのために働いているのに、

そのお金を使って自分達だけ楽しむのはどうなの?」

って言ってるように聞こえるんですよ。

 

だから私は、好きなことを仕事にしている男性の姿を見たいんです。

画面じゃなく、リアルで。その場の空気というか、雰囲気を肌で感じたいんです。

 

旦那と一緒に働いている時は、カッコよかったんだけどなぁ。

今は愚痴ばっかり。

全然楽しそうじゃない。

 

なので、旦那にそんなにイヤならやめちゃえばいいのに。って思ってて、それを伝えたことがあるんですけど、

「俺が仕事辞めたらどうするの?」っていう、その先が話し合えないんですよね。

お互い感情的になっちゃって、私が養えるようになれればみたいな極論になってしまう(笑)

 

私はいいけど、それで旦那のプライドはないの?って思っちゃうんですよね。

 

夫婦喧嘩に巻き込んでしまいました。

最近、喧嘩すらしてないんですけど、昔のことを思い出してしまいました(笑)

 

今は言わないかもしれない。

でも、否定的なことを言われたら嫌だから、なかなか「自分のやりたいこと」が言えないのも、私の中で問題があります。

嫌なんですよ。好きなことを否定されたくないんです。

それで応援してもらえないから、やる気がなかなか出ません。

 

 

でも、ここから這い上がるには、何とかしなきゃ

私の中で、まだ結論が出ません。色々と。

でも、今の状況を変えたいなら、やっぱり自分の意識を変えて動かなきゃなんですよね。

 

どうしよう。

何でもかんでも中途半端な私。

 

ちょっと人より得意なことがあっても、「その道のプロではない」ということに引け目を感じて自信も失う。

私は、自分に「肩書き」をつけられない。

 

声優(役者)も、その道の仕事をしているわけじゃない。

恋愛アドバイスも、カウンセラーの資格をもってるわけでもなければ、自分自身が夫婦問題にぶち当たってる。

小説は、書けるけどやっぱりその道のプロではない。

唯一、ママであるという実績はあるものの、保育士さんや助産師さんでもなければ、資格もない。

 

うーん・・・中途半端(笑)

それでいいじゃん!と割り切れる時もあれば、今回みたいにそれでいいの?と不安になる。

 

一つだけ、特技というか妙技がある(笑)

私は、赤ちゃんを抱っこして泣かれたことが今までない。(と言っても、30人くらいだけど)

 

でもこれ、何に使えるんだろう?(笑)

まあ、気持ちが落ち着いてきたので、今回はこの辺で。

 

愚痴に付き合わせてしまい、申し訳ないです(^^;

 

こんな記事も読まれてます!



この記事を書いた人

橘 右近
見た目は真面目、中身変態なブロガー。演技について熱く語りたい声優兼小説家でもある。
スーツアクターの浅井宏輔さんと藤井祐伍さんが好き過ぎて、ヒーローものを見ただけで興奮する。時に菩薩のような顔をしながら下ネタも熱く語る。
>>>詳しいプロフィールはこちら

応援よろしくお願いします♪

ブロガー達が本気で集客と収益について考えるグループ【マジcom!】

どうして、色んなコミュニティに入って、その人のやり方を真似して頑張っているのに、収益が上がらないんだろう?

自分の成功例は、自分で作らないといけません。

人の成功例は、あくまでも「その人だから」できたんです。

色んな人の意見を取り入れ、実行するのは素晴らしいことです。

今度はその色々な選択肢を、自分に合うようにしぼってオリジナルの成功例を作らないといけません。

私のコミュニティは、人の意見を聞き、自分の意見を出すことで成功例を見つけていきます。

自分が動かないと、何も変わりません。

ちょっとでも気になったあなたへ。

まずは、私の熱い想いを聞いて下さい。