演技と文章でコミュニケーション力を上げるサイト

恋愛ファンタジー小説|アザナカミ

そして、一歩を踏み出さなきゃ

WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -
>webという特性を活かし、笑いと文章で世界を救うヒーロー。 彼女の書く小説は、彼女のクソな部分を多く曝け出したシリアスな内容が多いが、雑記となると一変して笑いを盛り込み、読んでいる人を楽しませている。 そのギャップにあなたは目が離せなくなるだろう。 >スーツアクターの浅井宏輔さんが超絶に好き過ぎて、語り始めるとそこら中に唾を飛ばしながら100mダッシュした後の勢いになるので危険。
詳しいプロフィールはこちら

私は雷が苦手だ。
小学6年生の時、突然の雷雨の中、傘を持って駅までお母さんを迎えにいった。

母子家庭ということもあってか、私は甘えん坊だった。
雨が降ると、傘を届けに駅まで迎えに行ける。階段を降りてくるお母さんが私に気付いて笑いながら手を振るのが嬉しかった。
雨は、私にそんな特別をくれる存在だった。

だが、雷雨となると一変し、恐怖の対象となる。
その時、人生で浴びたことのない、強い光を全身に受けた。
1m先でさえ、光で真っ白になり見えなくなった。

時が止まった。
意識はあるのに、自分も他の生命も消えたと思った。
その光の鎖で体が動かない。

瞬間、地球が割れたのかと思うほどの轟音が鳴り響き、拘束が外れた私は反動で転んだ。

雷は、8m先の工事現場に落ちた。

それ以来、私は雷が鳴ると身がすくんでしまう。
途端に脈は早くなり、手足が冷たくなる。

──今、真っ黒な空に向かって私の乗るバスが走っている。
車内にいても聞こえる雷の音。
ああ、なんということだろう。
 
 

この記事を書いている人 - WRITER -
>webという特性を活かし、笑いと文章で世界を救うヒーロー。 彼女の書く小説は、彼女のクソな部分を多く曝け出したシリアスな内容が多いが、雑記となると一変して笑いを盛り込み、読んでいる人を楽しませている。 そのギャップにあなたは目が離せなくなるだろう。 >スーツアクターの浅井宏輔さんが超絶に好き過ぎて、語り始めるとそこら中に唾を飛ばしながら100mダッシュした後の勢いになるので危険。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク




スポンサーリンク






- Comments -

Copyright© 笑いと文章で世界を救う!ライジング橘右近 , 2018 All Rights Reserved.