私の男性への理解度って『男は浮気をしてなんぼのもの』だと思ってるレベル

だから高いか低いかって話でも、だから「浮気してもいい」とか「浮気を許せ」などと言うつもりもありません。

浮気の被害に巻き込まれた身としては、ふざけんな!とは思うから。

 

でも、男性に浮気心がないのは本能から考えて不自然だし、あった方が男っぽいとも思ってます。

むしろ、「やれるもんならやってみな」って言ってしまうタイプなんです私。

 

今回は、女性が彼氏や夫の浮気が許せない根底にある理由と、浮気するなら「してもいいくらいの器」になってからにすれば?って話を、私の視点でぶっちゃけます。

 

ですがその前に、私がどれほど男性を理解しているかをお見せしますね。

一般的な男性です。

では、スタートゥ

 

 

私の男性への理解度

1.自分一人の空間(居場所、部屋)が必要。家が物理的に無理なら外で男子だけの秘密基地を作ろうとする。

 

2.男は皆マザコン。ただ、二種類に分かれる。

⇒タイプ1:母ちゃんのことを「すげー」と思ってるから、女性のことも認める。守ろうとする。

⇒タイプ2:女性はママしかいないと思ってるから、それ以外の女性は認めていない。むしろ憎しみの対象。ママの言うことを守ろうとする。

 

3.女性から生まれるので、どうしても女性がいるとカッコつけたくなる

 

4.男の世界を生きるには、男性からの教えが必要

 

5.とにかく、男友達と遊ばせる

 

6.男の世界に女性は首を突っ込まない方がいい。もっと細かく言うと、男の仕事に口を出さない方がいい。

集中してるときは声をかけない。意見が必要なら聞いてくるので、それまで放置…いや、黙って見守る。

 

7.2つのことを同時にできない。脳ミソと自分のムスコを同時に使えない

 

8.子供の頃は、家が帰ってくる場所だと認識できるように、惜しみなく愛する母親は全部包み込んであげよう。

⇒大人になるにつれて、厳しい世界(社会)で生き抜かなければいけないので、子供の時に愛情をたっぷり注がないと、大事な土台(信じる&守りたい何か)が作られない。

 

9.男性は、男性に認められ、女性に受け入れてもらうことで大きくなる。

⇒仕事と私とどっちが大事?っていう質問は愚問。どちらもないと生きられません。

 

10.女性の否定が怖い。特に体関係は大きなダメージを受ける。

 

11.女性が他の男性(夫・子供・彼氏、友達など)と比べて批判してはいけない。事柄を褒める。

⇒「○○さんと比べてあなたは…」とか「何でこんな簡単なことができないの!」はダメ。女性の本能として比べてしまうのは仕方ないしわかるけど、それを口にしてはいけません。

「○○できるなんて、スゴい!」というように、事柄を褒める。褒めまくれ。多少調子にのってる方が男性は元気があっていい。

 

12.母親は息子をいつまでも子供扱いせずに、手を離すことも必要

 

13.女性が絶対の自信を持っている感情は、男性には不確かなものとして認識している。つまり、鈍い。

⇒女性が男性に教えられることは感情(相手に対する感謝や感覚)なので、まず自分が男性にやってみせることが大事。じゃないとどんどん鈍チン=無神経な人になってしまう。いるよね、そういう人。

 

14.やって欲しいことがあったら、リスト化していつまでにお願いと頼めば、やりやすいと思ってくれる。

 

15.男は浮気をしてなんぼのもの

 

さて、いよいよきましたね。本題が。

しかし、こんな考えを持っている女性は稀だと思って下さい。

私は女性ですが、男性をこれくらい理解してるというか男性性が強いだけなので、女性性が強い人には受け入れられない発想です。

頭ではわかっても、感情で納得しません。嫌なものは嫌!ってなります。

私自身もこの話をしたからといって、浮気を許せとか浮気しろなどと言うつもりもありません。(何度もすみません)

橘はこういう考え方をする人間なんだな、くらいの認識でお願いします。

 

では、いきましょう。

 

 

男は浮気をしてなんぼのもの

まず、本能的に男性が自分の遺伝子を残そうと思ったら、一人の女性に多くの子供を産んでもらうより、多くの女性に一人でも産んでもらった方が効率がいいです。

 

一人の女性に10人の子供を産んでもらうのはかなり無理だけど、

10人の女性に一人ずつ子供を産んでもらうのは可能ですよね?

 

どちらがより自分の子供を残せるかっていうのは、簡単に想像できると思います。

それに、同じような遺伝子よりも多種多様な組み合わせの方が生存率も高くなりそうですよね。

なので、男性は本能的に多くの女性と関係をもちたいと思うものなんです。

 

だからまあ、本音言っちゃうと浮気心を持ち合わせていない男性なんていないと思ってるし、一生に一人しか愛しません!なんて男性がいたとしたら逆に大丈夫?って心配しちゃいます。

女性が言うのはわかる。女性の愛は深いんで。

けど、男性が言ったら「嘘だろw」って半笑いで返す。

 

というか、男ならたくさん人を愛した方がいい。

性別も大人も子供も関係なく。色んな愛を見せて欲しい。

 

男女で例えるとヤッてるかヤッてないかって話になるけど、女性が求めてる愛は心が満たされるかどうかなので、そういう意味で言ったら男性はどんどん女性を愛していいと思う。

まあ、結局男女になるとヤるけどね( ゜▼ ゜)←身も蓋もない言い方

 

んでも、 日本ではモラル的にとか法律的にアウトなので、浮気や不倫をした後(自分たちだけでなく家族とか周りの人達のこと)を考えると、体の関係はない方がいいとズバリ言っちゃいます。

 

 

私は、結婚前に付き合っていた彼氏に浮気されたことがあります。

でもショックというよりも、相手女性に同情しちゃいました。それで説教するっていう、不可思議現象が起こったんですよ。

そこで、相手女性を思って説教はしたけど、私は何で怒りもしなかったんだろう?と考えました。

  1. 浮気される要因を私も作ったから仕方がないと思った
  2. 最終的に私を選ぶだろうっていう自信があった
  3. やりたいことを始めようと、現状に心が満たされていた。彼がいてもいなくても関係なく、一人で楽しい時間を過ごせる心の余裕があった

 

まあ、結局のところ別れたのは、私が彼氏に触られた時にオエッて言ったからなんですけど。

これもちょっと考えてみたのですが、恐らく相手女性の顔を見てしまったからだと思います。

なんか想像できちゃうというか、やっぱり相手の顔は知らない方がいいですね。(経験談)

 

男性が女性相手に浮気を隠し続けることは不可能なので、やるならバレないようにやっては無理。

だからこれは女性に言いますけど、浮気してるってわかっても相手女性の顔は見ない方がいいです。別れることになってもならなくても。余計な怒りが沸き起こってくるだけだし。

 

つまりですね、モラルや日本社会うんぬんの問題抜きにして、私の経験上、女性の心の満足度が高かった場合、ブチ切れられることはないかなって思います。

 

結局、妻や彼女が怒るのって

「てめー!私のことほったらかして、なに他の女と楽しんでんだよ!このチ○カスがぁ!!生ゴミに出すぞコラぁああっ!!」

日常に不満があるからです。

 

妻や彼女が、その男性の愛が足りないって文句を言ってるんです。

 

あ、結論言っちゃった。

そうです。

浮気するんだったら、浮気してもいいくらいの器を持ってからにしましょうね

ってことが言いたかったんです。

 

 

私が浮気できるもんならやってみろと言えるのは、それだけ器がデカい男だと思ってるから

先程も言ったように、男性には(女性に限らず)たくさんの人を愛して欲しいです。

愛された人が満足すれば、何も文句は出てきません。むしろ感謝されるでしょうね。

 

でも浮気に関しては、大体ドロッドロの悲劇を生みます。

それは浮気相手ばかりかわいがるから

妻や彼女はおもしろくありません。

そんなことできるなら、私にもしてよ!って思います。エロいことではなくて、心を愛で満たしてよ!って思うんです。

 

で結局世間にバレて、全てを失うという。

 

いやー、でも身の丈を知らなかったとはいえ、自業自得ですからね。

一人の女性(妻や彼女)を満足させられない男が、他の女性を満足させられるって思いますか?

私は思いません。

だからそんなちっせ―器の内はやめた方がいいんですよ。

待ってる未来が不満と嫉妬しかないから。

その世界に行ってしまった女性は鬼になるだけなんで、かわいそうです。自分が攻撃されるのは仕方ないけど。あはは

 

なので、どの女性も心が満たされるような愛を注げるなら、浮気してもいいんじゃない?って思います。(社会的には考えないで)

まあ、どんだけ器デカいんだって話ですけどね!

話してみたーい!そんな人とw

 

ほんじゃま、今回も読んでくれて戦キューヾ(*´▽`*)マタネー♪

 

 

ブロガーのためのコミュニティ【橘右近とカラミ隊】



インターネットやSNSが多く活用される現代で、多くの人の印象に残るためには、やっぱり個性が必要!!

あなたもブログやSNSにうまく個性を出して、皆に興味をもってもらえるようになりませんか?

このコミュニティでは、メンバーが【楽しいこと・好きなこと・下ネタ】をテーマに投稿できるブログがあります!!息抜きにも練習としてでも、自分のブログへのリンクとしても、メンバーなら無料で利用できます。

応援よろしくお願いします♪